ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > コラム「消費者の目」 > クリーニングトラブル防止に受け取り時にはきちんと確認!(令和2年2月25日号)

更新日:2020年2月25日

クリーニングトラブル防止に受け取り時にはきちんと確認!(令和2年2月25日号)

「3か月前、礼服をクリーニングに出し、1か月後に受け取りそのまま保管しました。法事のため取り出して着ようとしたところ、まだらに色があせていました。店舗に苦情を申し出ましたが、店の決まりで1か月以上たっているので補償できないと言われました」という相談がありました。

クリーニングに関する相談では、紛失、シミ、変色、付属品の破損等、さまざまな苦情が寄せられます。そのためクリーニング業界では独自の「事故賠償基準」を定めており、使用年数や使用状況などによって賠償金額が算定されます。この基準は業界団体に加盟している店舗に適用されます。今回の店舗は団体に加盟しておらず、「引き渡し1か月経過したら補償対応ができない」となっていました。事故賠償基準では、「クリーニング品の引き渡し後半年間」とあります。期間内であると考えられることを伝え、交渉するよう助言しました。
預ける前に利用する店舗のルールをきちんと説明を受けることが大事です。仕上がり日を過ぎたら早めに受け取り、帰宅後は袋から出し仕上がりに問題はないか確認しましょう。クリーニング品にかかっているビニール袋は、保管用ではないので必ず外しましょう。

 

お問い合わせ

市民生活部生活安全課消費生活センター係

電話番号:042-528-6801

ファックス:042-528-6805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。