ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > コラム「消費者の目」 > 「電話をアナログ回線に戻しませんか」という電話勧誘にご注意!(電話勧誘販売)(令和3年9月25日号)

更新日:2021年9月25日

「電話をアナログ回線に戻しませんか」という電話勧誘にご注意!(電話勧誘販売)(令和3年9月25日号)

消費生活センターに次のような相談が寄せられました。

契約中の大手電話会社の関連会社を名乗る事業者から、「今、インターネットを利用していますか」と電話がありました。「以前息子が利用していたが、現在は誰も利用していない」と伝えたところ、「電話をアナログ回線に戻せば、インターネットの料金が不要になるので毎月の電話代が安くなります」と言われました。安くなるならと契約をしましたが、後日届いた契約書を見ると、聞いたことがない事業者と「生活相談サポートサービス」を契約したとして、毎月5,000円を支払うことになっていました。また、契約中の電話会社には自分で手続きをするように、と書かれていました。不審に思い、契約中の電話会社に問い合わせたところ、全く関係のない事業者と分かったため、契約を破棄したいという内容でした。

インターネットの普及とともに、最近は光回線を使用した電話を利用する家庭が多くなっています。ただ、インターネットを利用しなくなった場合、以前のアナログ回線に戻すことでインターネットの基本料金が不要となり、電話代を低く抑えられる可能性があります。これは「アナログ戻し」と呼ばれ、契約している電話会社に申し出れば手続きができます(工事費用等は別途必要、電話番号が変わる場合があります)。

今回の相談は、電話勧誘販売にあたり、契約書面を受け取ってから8日以内だったため、相談者には事業者に対して、クーリング・オフをはがきで通知するように助言しました。大手電話会社の名前を出しても、実際には全く関係のない事業者の場合があります。「安くなる」と言われても、すぐに契約せず、費用やサービス内容などをよく確認しましょう。

 

お問い合わせ

市民生活部生活安全課消費生活センター係

電話番号:042-528-6801

ファックス:042-528-6805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。