ここから本文です。

ホーム > 市政情報 > 選挙 > 選挙制度 > 東京都知事選挙のお知らせ

更新日:2020年6月20日

東京都知事選挙のお知らせ

東京都知事選挙は7月5日(日曜日)が投票日です。

20200705都知事選挙ポスター

東京都知事選挙は、6月18日(木曜日)に告示され、7月5日(日曜日)が投・開票日です。投票は午前7時から午後8時まで、投票所入場整理券に記載の投票所で。この選挙は、都民の代表を選ぶ大切な選挙です。棄権することなく、貴重な一票を必ず投票しましょう。

 

選挙公報などは、東京都選挙管理委員会の都知事選特設サイト(左アイコン)にて公開中です。

 

(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

の選挙で投票できる方は、次のすべてに当てはまる方です。

  • 日本国民で18歳以上である
  • 引き続き3か月以上立川市に住んでいる
  • 選挙人名簿に登録されている

回の立川市の名簿は、すでに登録されている方と新たに

  1. 平成14年7月6日以前に生まれ、
  2. 令和2年3月17日までに立川市に転入届を提出し、引き続き3か月以上立川市内に住んでいる方が登録されます。

ただし、今回は東京都の選挙なので、投票する日の前日までに都外に転出された方は投票できません。

最近引越しをされた方

最近立川市に転入された方

令和2年3月17日までに立川市に転入届を提出

立川市で投票できます。ただし、引き続き3か月以上立川市に住んでいる方のみです。

また、投票する日の前日までに都外へ転出された方は投票できません。

令和2年3月18日以降に立川市に転入届を提出

川市では投票できません。ただし、都内から転入した方で、前住所地の選挙人名簿に登録されていれば、前住所前住所地で投票できます。投票の際には立川市の住民票の写し(選挙用は無料)があるとスムーズに投票できます。

最近立川市から転出された方

川市から都外へ転出

京都の選挙なので投票できません。

川市から都内の市区町村へ転出

令和2年2月19日から3月4日までに転出

転出4か月経過前に、立川市で期日前投票をすることができます。投票の際は、新住所地の住民票の写し(選挙用は無料)があればスムーズに投票できます。

(都内の移転のみで新住所地の選挙人名簿に登録されていない方)

(関連リンク)投票日当日にご用のある方は期日前投票をご利用ください

令和2年3月5日以降に転出

都内の移転のみで新住所地の選挙人名簿に登録されていない方は、以下の方法で投票できます。

1.投票日当日、転出前の住所地の投票所で投票する。

2.立川市で期日前投票をする。

3.立川市選管に投票用紙を文書で請求して、最寄りの不在者投票所で不在者投票をする。

当日または期日前投票をする際は、新住所地の住民票の写し(選挙用は無料)があれば、スムーズに投票できます。また、不在者投票を請求する際は、新住所地の住民票の写し(選挙用は無料)が必要です。該当する方へは案内ハガキをお送りします。

(関連リンク)市外で不在者投票をされる方へ

最近立川市内で転居された方

令和2年6月1日までに転居届を提出した方は、新しい住所地の投票所で投票できます。

6月2日以降に転居届を提出した方は、前住所地の投票所で投票できます。入場整理券は前住所地へ郵送されますので、ご注意ください。

関連リンク

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局  

電話番号:042-528-4344

ファックス:042-528-4316

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。