ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 住民登録・戸籍 > 引越しに関する手続き > 帰国者に対する海外転入届の手続き期間の猶予(新型コロナウイルス感染症拡大防止)

更新日:2021年1月15日

帰国者に対する海外転入届の手続き期間の猶予(新型コロナウイルス感染症拡大防止)

帰国または来日の場合、14日を過ぎても転入手続きができます

新型コロナウイルス感染症につきまして、海外から帰国(又は来日)された方に関しましては、国から、14日間の自宅等での待機が要請されているところです。

水際対策の抜本的強化に関するQ&A(外部リンク)(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

最新の情報は厚生労働省のホームページを随時ご確認ください。

住所の異動の届出については、住民基本台帳法の規定により、届出の事由が生じた日から、原則として住み始めてから14日以内に行わなければならないとされていますが、国からの通知により、当分の間、正当な理由があるとして、14日を経過しても手続きいただけます。

国が定める待機期間を経過したのちに、住民異動届の手続きにご来庁いただくか、代理人に手続きを依頼していただきますようにお願い申し上げます。


万が一、待機期間中に来庁された後に発症した場合、窓口の一時閉鎖も想定されます。
窓口は混雑しておりますので、円滑に対応するためにも、ご協力をお願いします。
なお、住民登録以外の学校・各種手当・健康保険等は、それぞれ取り扱いが異なる場合があります。
お電話で各担当課にご相談ください。

関連リンク

お問い合わせ

市民生活部市民課窓口係

電話番号:042-528-4311

ファックス:042-523-2139

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。