ホーム > 暮らし・環境 > ごみ・リサイクル > ごみの分別・出し方 > プラスチック・ペットボトルの出し方

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

プラスチック・ペットボトルの出し方

プラスチック、ペットボトルともに指定収集袋に入れる必要はありません。

45リットルまでの透明又は半透明の袋に入れて出してください。

プラスチック(資源)の出し方

普段の生活の中で身近な存在になっているプラスチック。これは大切な資源です。

プラスチックの例

  • 食品容器、洗剤容器、お惣菜のトレー、お菓子の袋
  • ペットボトルのキャップ
  • 発泡スチロール
  • CDやビデオテープのケース
  • その他プラスチック製品類
  • ビニール類など

これらをプラスチックとして出す際には必ず、汚れをふき取り、水ですすいでから出してください。汚れたままのプラスチックは再資源化できないばかりか、周りのプラスチックの品質を落としてしまいます。

プラスチック類サンプル(1)プラスチック類サンプル(2)

例外プラスチックにご注意!

プラスチック・ビニール類については、ほとんどのものが「プラスチック」として出すことができますが、一部例外があります。プラスチック製品であったとしても、下記の9品目はプラスチックの日に出すことができません。

これら9品目の例外プラスチックについては、処理の都合上、45リットルまでの透明又は半透明の袋に入れて、「燃やせないごみ」の日に出してください。

  1. バケツ
  2. かご
  3. プランター
  4. 植木鉢
  5. 洗面器
  6. ハンガー
  7. ポリタンク
  8. じょうろ
  9. 発泡スチロール製トロ箱

例外プラスチックサンプルトロ箱

 

ペットボトル(資源)の出し方

ペットボトルにはペットボトルマークが付いています。

ペットボトルマーク

 

 

このマークが付いている飲料やしょうゆなどの容器が対象になります。

 

分別の手順

ペットボトル(分別の手順)

  1. キャップをはずす
  2. ラベルをはずす
  3. 中を軽く洗って
  4. 横につぶす

なお、ラベルやキャップはプラスチックの日に出してください。

ペットボトルを出す際のお願い

ペットボトルは縦につぶしたり、工作などで切ったり、汚したりするとリサイクルできなくなります。ご注意ください。

※なお、上記のようなペットボトルは「燃やせないごみ」としてお出しください。

その他

詳しい内容については資源とごみの分別ハンドブックを、各地区ごとの収集日についてはごみ出しカレンダーをご覧ください。

お問い合わせ

環境下水道部ごみ対策課 

電話番号:042-531-5518

ファックス:042-531-5800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。