ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 保健事業 > 糖尿病の重症化予防に取り組んでいます

ここから本文です。

更新日:2016年8月15日

糖尿病の重症化予防に取り組んでいます

被保険者の健康維持を支援します

市国民健康保険は、糖尿病の重症化予防に取り組んでいます。これは、糖尿病性腎症の重症化によって腎不全への移行が危惧される被保険者の方を対象に、その予防と遅延させることを目的に予防指導を行います。専門的な教育訓練を受けた看護師、保健師等が6か月間の健康支援プログラムによる予防指導(面談と電話)を実施し、被保険者の方の生活習慣に向き合い、健康と生活の質の維持をサポートします。

プログラム実施会社:株式会社DPPヘルスパートナーズ(外部サイトへリンク)

プログラム実施期間:6ヶ月

指導方法:面談及び電話                      ●:面談 :電話

1か月目

2か月目

3か月目

4か月目

5か月目

6ヶ月目

 

● ○

● 

○ ○

○ ○

○ ○

 

平成28年度は新規17名、平成27年度からの継続16名、平成26年度からの継続6名の方を対象に事業を行っています。

平成27年度事業報告

新規参加者数及び平成26年度からの継続参加者数

  • 新規参加者数36人(男性21人・女性15人)
  • 継続参加者数15人(男性12人・女性3人)
  • 平均年齢:64歳

詳しくは関連リンクの事業完了報告書をご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課 

電話番号:042-528-4314

ファックス:042-523-2145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。