ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康診査・検診 > がんに関する情報ページ > 胃がんリスク検査のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

胃がんリスク検査のお知らせ

血液検査でピロリ菌の感染の有無と胃の粘膜の萎縮度を調べ、胃の健康度を判定します。

胃がんにはピロリ菌感染が深く関わっていると言われています。また、胃粘膜の萎縮が進めば進むほど、胃がんが発生しやすくなるとも言われています。

胃の中に生息するヘリコバクター・ピロリ菌の感染の有無と、ペプシノゲン判定による胃粘膜の萎縮度を血液検査により調べ、胃がんや胃潰瘍、萎縮性胃炎などの胃疾患になりやすい状態かどうかのリスクをA、B、C、Dに分類し、判定します。

検査の結果、B、C、D判定の方は、内視鏡による精密検査を受け、必要に応じピロリ菌の除菌をしてください。A判定の方も年1回のバリウム検診を受けるようにしましょう。

なお、胃がんリスク検査は、胃がんそのものを見つける検査ではありません。自覚症状のある方は、医療機関で診察を受けてください。

お1人1回のみ検査補助を受けられます。

対象者

50歳から54歳の市民の方

ただし、以下のうち1つでも該当する場合は対象外となります。

1.勤務先等でABC検診を受ける機会がある

2.過去にABC検診を受けたことがある

3.過去にピロリ菌除菌治療を受けたことがある

4.胃・十二指腸の疾患で治療中または手術歴がある(経過観察中の方も含む)

5.プロトンポンプ阻害薬(制酸剤)を服用してから2か月経過していない

6.腎不全または腎機能障害(クレアチニン3.0mg/dl以上)がある

検査内容

採血により、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染の有無と、ペプシノゲンの測定により胃の委縮度を判定をします。

検査期間

平成30年4月1日(日曜日)から平成31年3月31日(日曜日)

医療機関の休診日・時間帯を除きます。

自己負担金

500円

生活保護または住民税非課税世帯の方には、自己負担金の免除制度があります。
詳しくは、受検票に同封するご案内をお読みください。

申込方法

電話または電子申請(下記の関連リンクの電子自治体共同運営サービスから申請できます)

お申込みいただいた方のうち検診の対象の方に、1週間ほどで、受検票等必要書類をお送りいたします。

関連ファイル

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課(健康づくり担当)予防健診係

電話番号:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。