ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援事業 > 育児支援ヘルパー事業

ここから本文です。

更新日:2018年3月26日

育児支援ヘルパー事業

産前・産後の大変な時期に、ヘルパーを派遣して、育児や家事援助、相談等を行います

日中手助けをしてくれる人がいない方

体調や気分がすぐれないなど

育児で大変なお母さんたちを

手助けしようという事業です

利用できる方

立川市にお住まいのお母さん、お父さん

利用期限

出産予定日の1ヶ月前~産後1年未満まで

(例)お子さんの誕生日が4月1日生まれの場合⇒利用期限は3月31日まで

利用回数

乳児1人につき、1回2時間を4回

(例)双子のお子さんの場合は、1回2時間を8回まで利用可能

利用できる日時

平日のみ(土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日はお休み)

午前9時00分~午後5時00分

利用料金

1回500円

なお、非課税世帯、生活保護世帯等の方は、減免制度があります

支援内容

日常の一般的な育児・家事等の支援です(以下の通りです)

  1. 掃除
  2. 洗濯
  3. 買い物(日用品等)
  4. 食事づくり
  5. 育児
  6. 健診や受診の付添

ヘルパー派遣事業所

NPO法人たすけあいワーカーズパステル

幸町

電話/042-535-8071


(株)家族のみかた

高松町

電話/042-527-1234


NPO法人ケアセンターやわらぎ・立川

錦町

電話/042-523-3463

申し込みからヘルパー派遣までの流れ

1.育児支援ヘルパー事業利用申請書を、次のいずれかの方法で、子ども家庭支援センターまで

  • 電子申請
  • FAX
  • 郵送
  • 持参

(注1)利用希望日の1週間前までに必須

(注2)電子申請は、電子自治体共同運営サービス(外部サイトへリンク)から申請できます

(注3)申請書は、ホームページよりダウンロードできます

 

2.子ども家庭支援センターからお電話をいたします

  • 申請内容を確認し、ヘルパー派遣事業所と調整の上、改めて決定した日付をお知らせします

 

3.ご自宅に、利用決定通知書が届きます(通知書の下部は利用券になっています)

 

4.当日、直接、ご自宅にヘルパーがうかがいます

~当日の流れ~

打ち合わせ、報告書の記入の時間を含めて、2時間となります

  • 最初に、仕事内容の打ち合わせをします
  • 家事等の支援をいたします
  • 最後に、支援内容の確認、サインをいただきます

 

5.後日、利用料の請求書・納付書が届きます(利用した月ごとに月末で締めます)

  • 請求書・納付書が届き次第、お近くの金融機関、窓口サービスセンター、各連絡所(東部・西部・錦・富士見)にて速やかにお支払いください
  • 郵便局、コンビニでのお支払いはできません

 

6.2回目以降の希望日時が未定の場合は、決まり次第、次のいずれかの方法で、子ども家庭支援センターに申し込みをしてください

  • 電話
  • 電子申請
  • FAX

関連ファイル

育児支援ヘルパー利用のしおり(PDF:411KB)

育児支援ヘルパー事業申請書兼免除申請書(PDF:160KB)

関係リンク

電子自治体共同運営サービス(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども家庭部子ども家庭支援センター子ども家庭相談係

電話番号:042-528-6871

ファックス:042-528-6875

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。