ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 清掃工場移転問題・新清掃工場 > 現清掃工場に関する経過と取り組み

ここから本文です。

更新日:2018年12月3日

現清掃工場に関する経過と取り組み

 

現清掃工場に関する経過と取り組みについて、報告・公表を行っています。

新清掃工場の設置予定地
新清掃工場の設置予定地(JPG:333KB)

【※】平成27年11月13日より「設置予定地」に変更しました。

市は、最重要課題として取り組んできた清掃工場の移転先を立川基地跡地昭島地区土地区画整理事業地区内の公的利用分(上地図)としました。なお、この土地の取得については、地元調整などを含め、今後、国と協議していきます。

これまでの経緯

平成4年に焼却炉の増設を計画する際に、今後のごみ量の予測や既設の焼却炉の更新等を考慮し、現在の場所での焼却業務を平成20年12月で終了し、別の場所に移転するという協定を周辺自治会との間で締結しました。これまで、市では市長を先頭に、基地跡地に新庁舎と併せて建設する案や、近隣の清掃工場に編入する案、隣接市と広域化し新しい清掃工場を建設する案等種々の候補地等も含め検討を重ねてきました。基地跡地に新庁舎と併せて建設する案では煙突の高さ制限やそれに伴う建設費の問題、近隣の清掃工場に編入する案では相手方の受け入れ体制や負担金の問題、隣接市との広域化では隣接市の施設更新時期の問題があり、移転候補地の選定は課題となっていました。

さらなるごみ減量・リサイクルの推進にご協力を

新しい清掃工場が稼働するまでには数年かかる見込みです。その間は、現在の場所で運用していかなければなりません。市は、今後も清掃工場の安全な運転管理に努めるとともに、周辺への環境負荷を軽減させるため、さらなるごみの減量に取り組んでいきます。
市民・事業者の皆さんには、より一層のごみの減量とリサイクルの推進にご協力いただきますようお願いします。

新清掃工場に関する経過と取り組みについては、新清掃工場に関する経過と取り組みからご覧になれます。

関連ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境下水道部清掃事務所 

電話番号:042-536-2921

ファックス:042-535-3252

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。