ホーム > くらし・環境 > 住民登録・戸籍 > 住民基本台帳ネットワークシステム > 住民基本台帳ネットワークシステム

ここから本文です。

更新日:2019年3月18日

住民基本台帳ネットワークシステム

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)は、全国の市区町村と都道府県、指定情報処理機関を専用回線で結んで本人確認情報(氏名・生年月日・性別・住所・住民票コード)を利用することにより、全国共通の本人確認を可能とするしくみです。

【平成24年7月9日に法律の改正があり、住民基本台帳カードをお持ちの方のお引越しの手続きなどが変わりました。詳しくは下記関連リンク「住民基本台帳カードをお持ちでお引越しされる方へ」を参照ください。】
※住民基本台帳ネットワークシステムは、市の施設の運用時間とは関係なく、平日午前8時30分から午後5時までの対応となっております。終了間際になりますと、当日処理ができない場合がありますので、時間に余裕を持ってお越しください。

住民票の写しの広域交付

今までは、お住まいの市区町村(住民登録地)でしか交付を受けられなかった住民票が、他の市区町村でも交付を受けられるようになります。

住民票の内容

本人又は同一世帯員の住民票の写し(戸籍の表示を省略したもの)

必要なもの

官公署発行の写真付証明書(運転免許証など)、又は住民基本台帳カード(住基カード)有効期限内のもの。

申請方法

市区町村窓口で申請書を記入して申請します。住基カードを提示する場合、窓口で暗証番号を入力していただきます。

受付時間

各市区町村の窓口にお問い合わせください。
※立川市の受付時間午前8時30分から午後5時まで

転出転入手続の簡素化

通常、他の市区町村へ引っ越す場合には、まず住んでいる市区町村に転出届を行い、転出証明書の交付を受けた上で、引越先の市区町村に転入届を行う必要があります。
住基カードの交付を受けている場合は、郵送で転出届を行い、住基カードを引越先の市区町村へ提示して転入届を行うことにより、窓口での手続は1回で済むようになります。(転出証明書は不要ですが暗証番号の入力が必要となります。)

必要なもの

住基カード(印鑑が必要な市区町村もあります)

申請方法

郵送で転出届を行った後、引越先の市区町村で申請書を記入し、住基カードを提示して暗証番号を入力していただきます。
住基カードは引越先でも継続して利用が可能となりますが、転出時に手続きが必要となります。詳しくはお問い合わせください。

受付時間

住基カードを利用した転入届の受付時間は、通常と異なりますので各市区町村の窓口にお問い合わせください。

住民基本台帳カード(住基カード)の交付

立川市に住民票があり、住基カードを希望する市民の皆さんに、有料で住基カードを交付します。(年齢制限はありません。15歳未満の方の申請は法定代理人により可能です。)

※住民基本台帳カードは、平成27年12月22日をもって発行を終了しました。平成28年1月より、マイナンバーカード(個人番号カード)が発行されています。

カードの種類(どちらかを選べます。)

  • A)顔写真なし:氏名のみ記載
  • B)顔写真付き:住所・氏名・生年月日・性別が記載

住基カードを利用してできること

  • 1)住民登録地以外の市区町村の窓口で、本人又は同一世帯員の住民票の写しの交付が受けられます。
  • 2)転出転入の窓口での手続が1回で済むようになります。(特例による転出・転入)
  • 3)顔写真付きカードは、市の窓口等で公的身分証明書として利用できます。
  • 4)行政機関での電子申請(窓口に行かずに自宅等のパソコンで申請)に必要となる「電子証明書」の保存カードとして利用できるようになっています。

申請方法受付窓口

市役所1階市民課・窓口サービスセンター

受付時間

平日午前8時30分から午後5時
終了間際になりますと、当日処理ができない場合がありますので、午後4時30分ごろまでにお越しください。

必要なもの

  • 1)印鑑
  • 2)官公署発行の写真付き証明書(運転免許証など。なくても手続きできますが、住基カードの即日交付はできません。)
  • 3)写真付きカードを選ぶ場合は、カラーの顔写真(申請前6か月以内に撮影した、無帽・正面・無背景・縦4.5×横3.5センチメートルのもの)

交付手数料

1枚500円

有効期間

発行から10年間

住基カードへの暗証番号登録を行っていただきますので、本人(又は法定代理人)が直接窓口にお越しください。

【住民票の写しの広域交付】

住民票の内容

本人又は同一世帯員の住民票の写し(戸籍の表示を省略したもの)

必要なもの

官公署発行の写真付証明書(運転免許証など)、又は住民基本台帳カード(住基カード)

申請方法

市区町村窓口で申請書を記入して申請します。住基カードを提示する場合は、窓口で暗証番号を入力していただきます。

受付時間

各市区町村の窓口にお問い合わせください。

【転出転入手続の簡素化】

必要なもの

住基カード(印鑑が必要な市区町村もあります)

申請方法

郵送で転出届を行った後、引越先の市区町村で住基カードを提示して暗証番号を入力していただきます。なお、転入した日から14日を経過した日又は転出予定日から30日を経過した日のいずれか早い日以内に、転入先で手続きをしてください。

住基カードは引越先でも継続して利用が可能となります。転出・転入時にその旨をお伝えください。

受付時間

住基カードを利用した転入届の受付時間は、通常と異なりますので各市区町村の窓口にお問い合わせください。

【住民基本台帳カード(住基カード)の交付】

※平成27年12月22日をもちまして、住民基本台帳カードは発行を終了しました。

平成28年1月より、マイナンバーカード(個人番号カード)の発行が始まりました。詳しくは下記の立川市ホームページ内関連リンク「マイナンバー制度の概要」をごらんください。

カードの種類
(どちらかを選べます。)

  • A)顔写真なし:氏名のみ記載
  • B)顔写真付き:住所・氏名・生年月日・性別が記載

住基カードを利用して

できること

1

住民登録地以外の市区町村の窓口で、本人又は同一世帯員の住民票の写しの交付が受けられます。

2

転出転入の窓口での手続が1回で済むようになります。

(詳しくはお問い合わせください。)

3

顔写真付きカードは、市の窓口等で公的身分証明書として利用できます。

4

行政機関での電子申請(窓口に行かずに自宅等のパソコンで申請)に必要となる「電子証明書」の保存カードとして利用できるようになっています。

申請方法

受付窓口

市役所1階市民課・窓口サービスセンター

受付時間

平日午前8時30分~午後5時(終了間際になりますと、当日処理ができない場合がありますので、午後4時30分ごろまでにお越しください。

必要なもの

1.印鑑

2.官公署発行の写真付き証明書(運転免許証など。なくても手続きできますが、住基カードの即日交付はできません。)

3.写真付きカードを選ぶ場合は、カラーの顔写真(申請前6ヶ月以内に撮影した、無帽・正面・無背景・縦4.5×横3.5cmのもの)

交付手数料

1枚500円

有効期間

発行から10年間

(立川市から転出し住基カードを継続利用を希望されない場合は、転入時に返却してください。詳しくはお問い合わせください)

住基カードへの暗証番号登録を行っていただきますので、本人(又は法定代理人)が直接窓口にお越しください。

関連リンク

お問い合わせ

市民生活部市民課 

電話番号:042-528-4311

ファックス:042-523-2139

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。