ホーム > 暮らし・環境 > 住民登録・戸籍 > 戸籍届出について > 出生届について

ここから本文です。

更新日:2017年1月1日

出生届について

出生届を提出することによって戸籍に記載され、住民票が作られます。
ここでは日本国内で生まれたお子さんの出生届について説明しています。
海外で生まれたお子さんについては届出期間や添付書類等が異なりますので、お問い合わせください。

届出期間

生まれた日を含めて14日以内にお届けください。14日目が市役所の閉庁日(土日・祝日)にあたる場合は、翌開庁日までにお届けください。

届出に必要なもの

出生届書(出産に立ち会った医師・助産師が出生届書の右半分「出生証明書」に記入済のもの)が医師・助産師から渡されます。左半分の出生届に必要事項を記入してお届けください。母子健康手帳に出生届出済証明を行いますので、あわせてご持参ください。
なお、平日(月曜日から金曜日)の午後5時以降、土曜日、日曜日、祝日にお届けされた場合は母子健康手帳への出生届出済証明を行うことができません。後日、開庁時間内(月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時まで)に再度ご来庁ください。

届出人

届出人は原則として生まれたお子さんの父または母です。出生届の「届出人」欄には父または母が署名等を行ってください。届書を市役所に持参するのは代理人でも可能です。

届出地

父母の本籍地・届出人の所在地(里帰り先等の一時滞在地)または住所地・出生地のいずれでも可能です。本籍地や住所地ではない市区町村へ届け出た場合は、届出を受理した市区町村が関連市区町村へ通知を行います。ただし、住民票や戸籍に急ぎで記載される必要がある場合はその該当市区町村へお届けください。

その他の手続きについて

出産によって下記の手続きが必要な方は、ご確認の上関連部署で手続きをお願いいたします。

(注意)

  • お子さんの名前に使える文字には制限があります。届出前にご確認ください。
  • 届書の書き方については、「出生届書記入例」をご覧ください。

届出期間

生まれた日を含め14日以内。ただし、14日目が市役所の閉庁日にあたる場合は翌開庁日まで。

14日を過ぎても届出はできますが、裁判所から過料が科せられる場合があります。

届出に必要な

もの

  • 出生届書
  • 母子健康手帳

届出地

  • 父母の本籍地
  • 届出人の所在地(里帰り先等の一時滞在地)または住所地
  • 出生地

上記のいずれか

子の名に使える文字

常用漢字および人名用漢字(戸籍法施行規則別表第二に掲げる漢字)

子の名に使える漢字(外部サイトへリンク)

(注1)上記リンク先の中にある「戸籍統一文字情報のページ」から子の名に使える漢字を検索する場合は、検索方法をよくご確認のうえご利用ください。

カタカナまたはひらがな

「ヰ」、「ヱ」、「ヲ」、「ゐ」、「ゑ」、「を」を含む(変体仮名を除く)

直前の音を延引する場合に限り用いることができる長音符号

「ー」

直前の文字の同音の繰り返しに用いる場合に限り用いることができる符号

「ゝ」、「ゞ」

直前の文字の同字の繰り返しに用いる場合に限り用いることができる符号

「々」

関連ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部市民課 

電話番号:042-528-4311

ファックス:042-523-2139

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。