ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 事業所のごみ > 事業系の紙類は資源回収業者に持ち込んでください

更新日:2019年4月21日

事業系の紙類は資源回収業者に持ち込んでください

本市では、自己処理原則の観点から事業系ごみの受入制限等を行っているため、事業系の紙類は市の処理施設に直接持込みすることはできません。

  • 一般廃棄物収集運搬業許可業者
  • 紙類の回収業者

のどちらかに処分を委託する必要があります。

紙類のリサイクル処理ルートを持つ業者に処分を委託してください

紙類は他のごみと分別してリサイクル処理ルートに乗せれば、「ごみ」としての処理コストがなくなります。

上記の「一般廃棄物収集運搬業許可業者」「紙類の回収業者」は、どちらも紙のリサイクル処理ルートを持っています。事業系ごみの減量と分別・リサイクル推進のため、これらの業者を利用してください。

業者名・所在地・電話番号などの詳細は、下記をご覧ください。

あらゆる紙が資源となります

新聞やダンボール以外でも、例えば紙箱・チラシ・ボール紙・シュレッダー処理済みの紙・メモ用紙・ふせん紙なども資源になります。

上の写真のように、ごみ袋の中身が全て紙ごみという状態で排出されていることもあります。

紙ごみとして排出せず、リサイクル処理ルートに乗せた場合には十分資源として再利用できる状態です。

ごみ箱の隣に分別BOXを設置し、処理単価・有価引取額を表示

ごみを分別して出せば処理コストが節約されることを従業員に理解してもらうため、ごみ箱の隣に分別BOX(資源用)を設置し、それぞれにキロ当たりの処理単価・有価引取単価を表示している事業所もあります。(ここに記載した単価は仮の数字です。実際の単価ではありません。)

<表示例>

  • ごみ箱(燃やせるごみ用)・・・-55円/kg
  • 分別BOX(紙資源用)・・・・・・+1円/kg
  • 分別BOX(シュレッダー用)・・+1円/kg

(-:処理費用として負担しなければならない額、+:有価引取によって資源回収業者から受け取れる額)

紙類回収業者について

立川市および隣接市の主な紙類回収業者は下記のとおりです。

紙類回収業者

業者名

所在地

電話

高根商事(株)

立川市富士見町6-36-4

042-540-2056

(有)富商

武蔵村山市伊奈平2-8-1

042-560-5899

(株)前原紙業

武蔵村山市榎2-92-1

042-565-8197

(株)大久保

昭島市武蔵野2-9-33

042-545-4621

(株)イズミ環境マテリアル

国立市泉4-7-2

042-575-2701

グリーンリサイクル(株) 国立市泉3-31-10 042-505-9559

実際の収集・排出方法などについては直接業者にお問合せください。

業者の施設に直接持ち込むこともできます。

  • 禁忌品(混入不可)・機密書類取扱等については各業者にお問い合わせください。
  • 品目によっては逆有償(代金を支払う)となる場合もありますので、引き取り内容等については直接業者にお問い合わせください。

タバコの吸い殻やティーバック等のごみが混入すると、他の紙資源まで商品価値がなくなります。

事業所内にて紙類の排出容器を用意するなど(段ボールで作った簡易的なものでも十分です)、しっかりと分別をお願いします。

一般廃棄物収集運搬業許可業者について

一般廃棄物収集運搬業許可業者に処分を委託する方法については、下記の関連リンクをご参照ください。

 

関連リンク

お問い合わせ

環境下水道部ごみ対策課 

電話番号:042-531-5518

ファックス:042-531-5800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。