ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > ごみ減量・リサイクルに関する取り組み > 生ごみの減量に向けて(取組みのご紹介)

更新日:2017年2月13日

生ごみの減量に向けて(取組みのご紹介)

毎日の生活で出てくる「燃やせるごみ」

この「燃やせるごみ」のうち、約40パーセントが生ごみです。

通常、ごみを処分したり、リサイクルするためには、市のごみ収集に出したり、専門の業者などにお願いするしか方法がありません。

しかし、生ごみは自分で処理することができ、うまく活用すれば「燃やせるごみ」の減量にも繋げられます。

そして「燃やせるごみ」が減ることで、家計の助けにもなるかも・・・?

環境と家計に優しい生ごみの自家処理。

このページでは、ご家庭でできる生ごみの処理方法などについてご紹介したいと思います。

取組その1「ベランダたい肥づくり」

市では、「たい肥の素」と衣装ケースを使った「ベランダたい肥づくり」を推奨しています。

たい肥の素とは?

総合リサイクルセンターでは、市内で集められた「せん定枝」と、学校や保育園などから出た給食の「残さ」を混ぜて、「たい肥の素」を作っています。この「たい肥の素」の中に生ごみを入れると、バクテリアの働きによって生ごみが分解され、たい肥を作ることができます!

たい肥の素

総合リサイクルセンターで作った「たい肥の素」

ベランダたい肥って?

通常、生ごみをたい肥化するためには、畑や庭などの、ある程度広い土地が必要です。

そこで市では、粗大ごみとして回収した衣装ケースを再利用し、この中で生ごみのたい肥化を行う方法を考えました。

これならば広い土地が無くても、ベランダなどのスペースを活用することで、たい肥づくりができます。

そして完成したたい肥は花植えや野菜づくりなどに活用できます。

ベランダたい肥

ご自宅までお届けします

お申込みいただいた方へは、ご自宅まで「たい肥の素」と衣装ケースのセットをお届けします。

また、完成したたい肥について、不要であれば市で回収します!

※詳しくは「自宅のベランダでたい肥づくりをしてみませんか」をご参照ください。

取組その2「黒土を使った生ごみ減量」

ホームセンターなどで販売されている「黒土」を使って生ごみを減量する方法もあります。

ここでは、この取組みにチャレンジされている市民団体をご紹介します。

取組の内容

市民団体「立川ごみ懇談会」さんでは、この取組みによって生ごみの減量に挑戦しています。

これは、黒土の中にいるバクテリアの力を利用し、投入された生ごみを分解させて消滅させるというものです。

園芸用のプランターなどを活用し、日々出てくる生ごみを黒土の中に埋めるだけでOK。

時期や天候にもよりますが、これだけで数日から数週間程度で、生ごみが分解されます。

(気温の低い冬場は分解が遅い傾向があり、また、生ごみの質によって分解の速度も変わります。)

黒土1

黒土2

「ベランダたい肥」との違い

基本的には「ベランダたい肥づくり」と同じような流れで生ごみを分解させていくことになりますが、下記のような違いがあります。

・たい肥を完成させる必要がありません

黒土は使い続けても量自体の変化は殆どありません。

また、たい肥の完成を目的としているわけではないので、たい肥を使う予定の無い方にはおススメです。

・市販の道具を使って始められます

ホームセンターで販売している黒土を使用するため、ご自分の都合のよいタイミングで始められます。

ご興味のある方へ

詳しくお知りになりたい方へは、立川ごみ懇談会さんをご紹介致しますので、ごみ対策課までご連絡ください。

取組みその3「生ごみ処理機購入費補助」のご紹介

市では、生ごみ処理機を購入された方を対象に、購入費の半額を補助しています。

(上限は生ごみ処理機が25,000円、たい肥化容器が3,000円)

・生ごみ処理機

微生物又は乾燥により、生ごみを処理する機器で、手動または電動によるもの。

(補助の対象としては、ディスポーザー方式の機器や中古品は除きます)

生ごみ処理機

・生ごみたい肥化容器

土の中の微生物等の働きを利用し、生ごみを自然発酵及び分解することにより、生ごみを処理する容器。

生ごみたい肥化容器

申請の方法など、詳しくは「生ごみ処理機器等購入費補助金制度のご案内」をご覧ください。

お問い合わせ

環境下水道部ごみ対策課ごみ減量推進係

電話番号:042-531-5518

ファックス:042-531-5800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。