ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 保険料・納付方法 > 後期高齢者医療保険料の納付方法と納期限(令和2年度)

更新日:2020年3月18日

後期高齢者医療保険料の納付方法と納期限(令和2年度)

後期高齢者医療保険料は、原則として年金からの天引き(特別徴収)での納付になりますが、一定の要件を満たす方は納付書や口座振替(普通徴収)での納付になります。

特別徴収(年金天引き)

後期高齢者医療保険料は、原則として2か月ごとに支払われる年金から2か月分に相当する金額が天引きされます。

希望する方は、納付方法を年金天引きから口座振替に変更することも可能です。郵送可能な口座振替依頼書もご用意していますので、ページ下部の担当までご連絡ください。

納付日

特別徴収(年金天引き)の方の納付日は、下表のとおりです。

期別

納付日(天引き日)

第1回(4月)

令和2年4月15日

第2回(6月)

令和2年6月15日

第3回(8月)

令和2年8月14日

第4回(10月)

令和2年10月15日

第5回(12月)

令和2年12月15日

第6回(2月)

令和3年2月15日

普通徴収

以下の要件に該当する方は納付書や口座振替により個別に納付(普通徴収)していただくことになります。

  • 年金が年額18万円未満の方
  • 年金受給時に天引きされる介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が、1回あたりの年金受給額の2分の1を超える方(下図、例参照)
  • 年度途中で新たに加入された方(一定期間)
  • 年度途中で他の区市町村から転入された方(一定期間)
  • 年金担保貸付金を返済中、または貸付開始された方

2分の1判定

口座振替での納付を希望される場合、国民健康保険料の振替口座は引き継がれませんので、改めてのお申し込みが必要です。

振替口座は、ご本人様名義に限らず、ご家族様等どなたでも結構です。

口座振替で納付された保険料額は、確定申告の際に、口座名義人の方の社会保険料控除額として計上することができます。

納期限

普通徴収(口座振替・納付書払い)の方の納期限は、下表のとおりです。

期別

納期限(振替日)

第1期(7月)

令和2年7月31日

第2期(8月)

令和2年8月31日

第3期(9月)

令和2年9月30日

第4期(10月)

令和2年11月2日

第5期(11月)

令和2年11月30日

第6期(12月)

令和2年12月25日

第7期(1月)

令和3年2月1日

第8期(2月)

令和3年3月1日

第9期(3月)

令和3年3月31日

月末が土曜日・日曜日・祝日のときは翌営業日です。

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課賦課係

電話番号:042-528-4314

ファックス:042-523-2145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。