ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 乳幼児・小児医療 > お子さんの誤飲事故について

ここから本文です。

更新日:2017年5月11日

お子さんの誤飲事故について

家庭内には子どもに有害なタバコや化粧品・洗剤・医薬品などの化学物質が数多くあります。

もしもこれらを誤って飲みこんでしまった場合には、必要に応じて速やかに医師の診療を受けましょう。

事故発生時の相談窓口をご案内いたします。

公益財団法人 日本中毒情報センター 中毒110番

化学物質(たばこ、家庭用品など)、医薬品、動植物の毒などによる中毒事故が実際に起きて、どう対処したらよいか迷ったときにご相談ください。応急手当や受診の必要性を薬剤師、獣医師がアドバイスします。ただし、異物誤飲(プラスチック、石、ビー玉など)や食中毒、慢性の中毒(アルコール中毒、シンナー中毒など)や医薬品の常用量での副作用についての相談には応じていません。

  • つくば中毒110番(一般市民専用電話 9時から21時 年中無休)電話:029-852-9999
  • 大阪中毒110番(一般市民専用電話 24時間 年中無休)電話:072-727-2499
  • たばこ専用電話(テープによる情報提供 24時間 年中無休) 電話:072-726-9922

東京消防庁救急相談センター(24時間年中無休)

救急かどうかのアドバイスや医療機関案内を行っています。

  • (プッシュ回線、携帯電話、PHSから) 電話:#7119
  • (ダイヤル回線から) 電話:042-521-2323

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課 

電話番号:042-527-3632

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。