ここから本文です。

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 認知症に関する支援 > たちかわ入居支援福祉制度

更新日:2020年1月1日

たちかわ入居支援福祉制度

判断能力が十分でない高齢者や障害者の方が、民間賃貸住宅を新たに借りたり、契約を更新する際に保証人がいない場合、立川市社会福祉協議会が保証人となります。

保証人となる親族等がいない高齢者や障害者等の住宅の確保を図るため、民間の賃貸住宅の賃貸借契約の際に、立川市社会福祉協議会が保証人となります。

対象者となる方は、家賃などの支払い能力がありながら、判断能力の低下した、認知症などのある高齢者や障害者で、市内に3年以上居住し、日常生活自立支援事業(地域福祉権利擁護事業)を契約している(予定を含む)方です。

契約時に保証金として、家賃3か月分と50,000円をお預かりします。

お問い合わせ

福祉保健部高齢福祉課在宅支援係

電話番号:042-528-4321

ファックス:042-522-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。