ここから本文です。

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > ひとり親家庭支援 > 東京都母子及び父子・女性福祉資金の貸付

更新日:2019年6月28日

東京都母子及び父子・女性福祉資金の貸付

ひとり親家庭や女性の方々が経済的に自立して、安定した生活を送るために必要とする資金をお貸ししています。

対象となる方

次のいずれかに該当する、都内に6か月以上お住まいの方が対象となります。

  1. 母子家庭の母又は父子家庭の父で、20歳未満のお子さんを扶養している方
  2. 配偶者がいない女性で親族を扶養している方、または扶養していないが年間所得が2,036,000円以下でかつて母子家庭の母だった方もしくは婚姻暦のある40歳以上の方

資金の種類

就学支度、修学、技能習得、生活、転宅、修業など12種類。

※児童扶養手当の支払回数の見直し及び支給制限の適用期間の変更に伴う影響を緩和するため、令和元年11月1日から令和2年1月31日まで、母子臨時児童扶養等資金及び父子臨時児童扶養資金が創設されました。

借入れの相談

  • 必ず事前にご相談ください。
  • 保証人(独立した生計を立てている方で、保証債務のすべてを負担できる所得のある方)が必要です。
  • 住民票、戸籍謄本、印鑑証明書、所得を明らかにする書類、資金に応じた添付書類などが必要です。
  • 相談により資金の申請が適切と判断された場合は、申請いただき、審査を経たうえで貸付を決定します。
  • 申請を受けてから、資金を交付するまでは、お日にちがかかります。

審査

審査の結果、貸付の目的を達成することが困難と認められる場合は、貸付できない場合もありますのでご了承ください。

償還

それぞれの資金の償還期限内に元利均等払いの方法によります。万一滞納した場合は督促・催告のほか保証人への請求、財産差押の処分を受けることもあります。

お問い合わせ

子ども家庭部子育て推進課 

電話番号:042-528-4342

ファックス:042-528-4356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。