ここから本文です。

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 都市交流 > アメリカ合衆国サンバーナディノ市 > アメリカ合衆国サンバーナディノ市との姉妹市提携50周年

更新日:2018年12月11日

アメリカ合衆国サンバーナディノ市との姉妹市提携50周年

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンバーナディノ市との交流・記念行事について 

清水市長とサンバーナディノ市モリス市長
清水市長とサンバーナディノ市モリス市長(JPG:2,261KB)

サンバーナディノ市役所での調印式の様子
サンバーナディノ市役所での調印式の様子(JPG:2,167KB)

調印後の記念撮影
調印後の記念撮影(JPG:2,251KB)

2009(平成21)年に、姉妹市提携50周年を迎えました。

 姉妹市提携50周年記念行事

公式訪問・記念式典等

平成21年3月25日にはサンバーナディノ市から13名の公式訪問団を迎え、記念式典・祝賀会を市内のホテルで開催、関係者約200名の出席がありました。また、3月24日から28日までアイム1階ギャラリーで開催された記念パネル展には225名の方が来場しました。

さらに、10月15日から20日までの日程で、清水市長がサンバーナディノ市を公式訪問しました。サンバーナディノ市役所では、半世紀にわたる両市の友好を祝い、更なる親善を誓い合う誓約書に両市の関係者が署名しました。また、今回の訪問には、平成20年度の「中学生の主張大会」で入賞した中学生・高校生14名も同行し、同世代の学生たちと交流を深めるとともに、現地での記念式典に参列しました。

記念講演会

平成21年11月28日立川市女性総合センター・アイムにて、昭和46年に姉妹市派遣高校生としてサンバーナディノ市を訪れた講師が「交換学生の経験と今の国際的活動」をテーマに講演を行いました。また、平成21年度の派遣高校生や市長の公式訪問に同行した中高生も自らの体験談を発表しました。

講師 東京大学法学部教授、国連自由権規約委員会委員長、昭和46年度姉妹市派遣高校生

岩沢 雄司(いわさわ ゆうじ)氏

記念パネル展

平成21年11月25日から30日まで立川市役所1階ロビーにて姉妹市派遣高校生の交流に関する資料や平成21年10月の市長公式訪問の写真等を展示しました。

 姉妹市交流の詳細 

1.姉妹市提携年月日

1959(昭和34)年12月23日

2.提携の経緯

サンバーナディノ市には、ノートン軍事基地があり、米軍立川基地(昭和52年に米軍より全面返還された)と同様補給基地であったことなどを背景に、人口・産業等の類似点が多く、交通の要衝であるなど市の性格が似ていること、さらには、サンバーナディノ市及びその周辺には日系アメリカ人が多いことなどから、日米親善に意義があると認められるとして、昭和34年12月23日、姉妹市提携がなされました。

昭和35年1月20日には、文化・経済等の交流を通じての両市民の親善と理解、世界平和達成への貢献を目的とし、立川市姉妹市委員会(平成7年に立川・サンバーナディノ姉妹市委員会に名称改正)が結成されました。

立川市の姉妹市提携は、東京都では初めてであり、全国では27番目に当たります。

3.交流の内容

姉妹市提携当時、学校単位あるいは個人で児童、生徒の絵画・作文等の交換が行われました。昭和35年に結成された姉妹市委員会は、交流活動の中核として、昭和37年から、次代を担う高校生をサンバーナディノ市に派遣し、アメリカ社会の文化、教育、市民生活等の理解をはかるとともに、同市からの学生を受入れ、市民家庭へのホームステイ等を通じて友好を育み、両市の絆を強く結び付けてきました。本市からの派遣高校生の人数の累計は、平成27年度で195名に及びます。

姉妹市交流の節目となる周年行事では、昭和44年の姉妹市提携10周年、昭和54年の20周年、昭和59年の25周年を経て、平成2年11月には30周年を記念し市民26名が、平成6年10月には35周年を記念し姉妹市委員会一行16名が、サンバーナディノ市への親善訪問を行いました。平成11年4月には、40周年を記念して、サンバーナディノ市から訪問団24名が立川市を訪れ、同年10月には、姉妹市委員会を中心とした訪問団35名がサンバーナディノ市を訪問しました。平成21年3月には50周年を記念して、サンバーナディノ市から13名の公式訪問団を迎え、記念式典・祝賀会を市内のホテルで開催、関係者約200名が出席しました。同年10月には清水市長がサンバーナディノ市を公式訪問し、半世紀にわたる両市の友好を祝い、更なる親善を誓い合う誓約書に両市の関係者が署名しました。この訪問には中高生14名も同行し、同世代の学生たちと交流を深めるとともに、現地での記念式典に参列しました。

4.交換高校生事業

交換高校生事業は、立川・サンバーナディノ両市の姉妹市委員会が実施主体となっている民間レベルでの国際交流です。

高校生受入れ

立川・サンバーナディノ姉妹市委員会では、サンバーナディノ市の高校生数名を受入れています。例年、6月下旬から7月下旬までの約1か月間、立川の里親宅に滞在し、委員会の行う行事などへの参加や、市内の中学・高校、公共施設の見学などを通じて文化や生活を体験します。

派遣高校生

姉妹市委員会では、サンバーナディノ市へ高校生を派遣しています。例年、7月下旬から8月下旬までの約1か月間、現地市内の家庭にホームステイし、施設見学、文化体験等に参加します。募集については、広報たちかわや市ホームページに掲載します(例年12月頃)。対象は、立川市に1年以上お住まいで、派遣年の4月に高校生になる方です。募集人数は若干名。渡航旅費は姉妹市委員会が全額負担します。

関連リンク 

お問い合わせ

産業文化スポーツ部協働推進課多文化共生係

電話番号:042-523-2111内線2632

ファックス:042-527-8074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。