ここから本文です。

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光 > アニメ・フィルムコミッション

更新日:2021年3月31日

アニメ・フィルムコミッション

立川市は多くのアニメや漫画の舞台、並びにドラマや映画のロケ地となっていることから、実際に使われた場所を巡る「聖地巡礼」に多くの方が訪れています。

ここでは、立川にゆかりのある作品のうち、主なものを紹介します。

主な立川ゆかりの作品一覧

「とある」シリーズ

「とある魔術の禁書目録(インデックス)」を始めとする、鎌池和馬さんによるエンタメノベルシリーズです。2008年10月の第1期アニメ化後、劇場版やスピンオフ作品である「とある科学の超電磁砲(レールガン)」「とある科学の一方通行(アクセラレータ)」など多数アニメ化されています。

とある

©2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEXⅢ

とある2

©2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT-RAILGUN T

アニメでは、メイン舞台である「学園都市」のモチーフに立川市内の風景が使用されています。

立川観光協会を事務局とする「とあるアニメの連絡会」では、本アニメとコラボした様々なイベントを実施しています。

立川市×とある科学の超電磁砲インバウンド向け動画

立川市はアニメ「とある科学の超電磁砲」とコラボした、中華圏向けのインバウンド向け観光PR動画を公開しています。動画のナレーションは、アニメの主人公「御坂美琴(みさかみこと)」の声を担当する佐藤利奈さんです。

中華圏向けのSNS「Weibo(ウェイボー)」で動画を公開し、1か月間で約750万PV、約100万回再生を記録しました。

現在は、中国語版に加えて、日本語、英語、韓国語に翻訳した動画を立川市動画チャンネルで公開しています。なお、ナレーション付き動画の公開は2021年7月までの期間限定となっています。

立川市動画チャンネル【立川市×とある科学の超電磁砲】聖地・立川へようこそ!

日本語版(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

英語版(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

中国語(繁体字)版(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

中国語(簡体字)版(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

韓国語版(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

凪のお暇

nagi1

nagi1

©コナリミサト(秋田書店)2017

コナリミサトさんによる「エレガンスイブ(秋田書店刊)」連載の漫画作品です。2019年7月に実写ドラマ化されています。

主人公が立川市のアパートに移り住んでいる設定で、立川駅やサンサンロード、国営昭和記念公園など、立川市内の実際の場所が作中に描かれています。また、ドラマも設定を踏襲しており、市内で多くの場所がロケ地として使用されています。

舞台を巡ろうin立川!マップ

広報たちかわ2019年9月25日号で、立川市内にある「凪のお暇」の舞台を紹介するマップを作成・公開しました。

マップデータ(PDF:2,140KB)

フレームアームズ・ガール

人気プラモデルシリーズを題材とした作品で、2017年にアニメ化、2019年に映画が公開されています。

fag1

fag2

©KOTOBUKIYA/FAGirl Project

立川市が作中の舞台のモデルとなっており、立川市役所本庁舎や子ども未来センターなどが使われているほか、立川市公認なりそこねキャラクターのウドラも登場しています。

2019年の立川シティハーフマラソンでは、ふるさと納税の返礼品として出走権と合わせて、本アニメのデザインを用いた応援のぼり旗が提供されました。

聖☆おにいさん

中村光さんによる、「モーニング・ツー(講談社刊)」連載の漫画です。2013年にアニメ映画化、2018年に実写ドラマ化されています。

主人公2人がバカンスのため立川のアパートに住んでいるという設定で、立川の様々な場所が登場しています。また、映画のメイン舞台である「ハッスル商店街」は、市内にある「シネマ通り商店街」がモデルになっており、実在するお店や商品が登場しています。

シン・ゴジラ

庵野秀明総監督、樋口真嗣監督による特撮映画で、2016年に劇場公開されています。

市内に実在する「立川災害対策本部予備施設」が物語後半のメイン舞台となっており、立川駐屯地や多摩モノレール車両基地なども舞台として使用されています。

立川市では、2016年にロケ地となった予備施設の見学ツアーなど、コラボイベントを実施しました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業文化スポーツ部産業観光課観光振興係

電話番号:042-529-8562

ファックス:042-527-8074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。