ホーム > 産業・ビジネス > 商工業 > 工業振興 > 立川産品販路拡大等支援事業

ここから本文です。

更新日:2017年4月5日

立川産品販路拡大等支援事業

立川市では、立川産品の販路拡大のために取り組む市内の中小企業に対し、補助金を交付します。対象となる事業は、展示会への出展、知的財産権の取得、製品開発のための国や東京都の機関等の利用です。補助金の額は経費の2分の1で、上限は30万円(団体等は60万円)です。

先着順で受け付け、予算の範囲内で交付します。原則として、事業実施前にご申請ください。申請時は、事前にお電話でご連絡ください。

対象となる事業

対象となる事業および経費は、次のとおりです。いずれも、平成29年度の間に開始し、年度内に支払いまで終了する事業のみが補助対象になります。ただし、契約など事業実施にかかる準備は、前年度に行っていてもかまいません。

対象経費等の詳細は、申請要領(PDF:991KB)をご覧ください。

展示会・見本市への出展

国内外で実施される展示会や見本市などに出展する際、次の経費が補助対象です。

  • 出展料
  • 出展に直接必要な経費(材料代、備品の賃借料、電気代等)
  • 出展に必要な販促材の作成費(チラシ、サンプル等)

公的機関が実施する産業支援事業の利用

産業技術研究センター、東京都中小企業振興公社、中小企業大学校などの公的な機関が実施している産業支援事業の利用の経費で、当該機関に直接支払うものが補助対象となります。

  • 依頼試験・依頼検査に係る費用
  • 機器利用料・施設利用料
  • 専門家の指導や助言に対する謝金
  • 技術セミナー、研修、講習会等の参加費

知的財産権の取得

特許権、実用新案権、意匠権、商標権の取得にかかる経費が、補助対象になります。

販路拡大に用いる媒体の作成

  販路拡大を目的とした媒体の作成に直接必要な経費が対象です.

  • 印刷物の作成(例:会社案内、チラシ、パンフレット等)
  • ホームページの作成
  • その他販路拡大に用いる媒体の新たな作成

申請までの流れ

申請締め切りは平成30年1月31日(水曜日)。先着順に、予算の範囲内で交付します。実績報告の締め切りは平成30年2月28日(水曜日)です。実績報告が遅れた場合は補助金を交付できないことがありますので、ご注意ください。

交付申請書と実績報告書は、以下のリンク先のデータをお使いください。また、事業ごとの提出書類など詳しくは申請要領(PDF:991KB)をご覧ください。

立川産品販路拡大等支援事業補助金交付申請書(別ウィンドウで開きます)(ワード:51KB)

立川産品販路拡大等支援事業補助金実績報告書(別ウィンドウで開きます)(ワード:50KB)

立川産品販路拡大等支援事業補助金交付請求書(別ウィンドウで開きます)(ワード:34KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業文化スポーツ部産業観光課商工振興係

電話番号:042-528-4317

ファックス:042-527-8074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。