ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 上下水道 > 下水道に関すること > 下水道事業 > 立川市公共下水道の普及状況

更新日:2022年3月1日

立川市公共下水道の普及状況

立川市の下水道は昭和30年に整備を始め、平成6年度に普及率100%を達成しています。

現在、道路等の冠水解消に向け多摩川上流処理区の雨水管整備を継続的に行っています。また、都市計画道路等新たな道路築造にあわせた下水管の整備も進めています。

立川市公共下水道の整備面積

単位:ヘクタール

処理区名
(処理方式)

単独
(合流式)

北多摩一号
(合流式)

北多摩二号
(合流式)

多摩川上流
(分流式)

合計

計画面積

1,135

69

548

526

2,278

整備面積

1,104

69

526

476(汚水)
[165(雨水)]

2,175

(令和3年度末現在)

立川市公共下水道の普及率

単位:パーセント

処理区名
(処理方式)

単独
(合流式)

北多摩一号
(合流式)

北多摩二号
(合流式)

多摩川上流
(分流式)

合計

普及率

100

100

100

100

100

水洗化率

99

99

99

99

99

(令和3年度末現在)

用語の説明

普及率

市全体の人口のうち、下水道の整備が完了して使用できる区域の人口の割合

水洗化率

下水道の整備が完了して使用できる区域の人口のうち、下水道に接続して使用している人口の割合

お問い合わせ

環境下水道部下水道工務課 

電話番号:042-528-4330

ファックス:042-524-2603

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。