ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 保険料 > 保険料の軽減・減免 > 特別な事情により納付が困難な場合の国民健康保険料の減免

更新日:2020年3月1日

特別な事情により納付が困難な場合の国民健康保険料の減免

制度の概要

災害、病気、ケガその他特別の事情があり、あらゆる資産の活用を図ったにもかかわらず、生活困窮のため保険料の支払いが著しく困難と認められる場合、納期限までに申請することで、保険料の一部または全部が減免されます。

減免の基準

  1. 納付義務者が震災、火災、水災その他これらに類する災害により、その資産に重大な損害を受けたとき。
  2. 納付義務者が死亡又は国民年金法の別表に定める1級程度の障害により、収入が皆無となり、又は収入が著しく減少し、生活困窮の状態にあると認められるとき。
  3. 納付義務者が失職、休職、退職、廃業、休業、その他の理由により、収入が皆無となり、又は収入が著しく減少し、生活困窮の状態にあると認められるとき。
  4. 納付義務者又は同居の扶養親族が疾病若しくは負傷により、収入が著しく減少し、又は医療費の増加により生活困窮の状態にあると認められるとき。
  5. 保険料の賦課期日以後において、生活保護法第11条に規定する保護を受けたとき。
  6. 国民健康保険法第59条に該当する施設に収監等されているとき

注意点

  • 減免の基準1.と6.を除き、納期限の過ぎた保険料は、減免の対象にはなりません。
  • 申請の際には、生活状況の聞き取りや資料の提出などが必要です。

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課賦課係

電話番号:042-528-4314

ファックス:042-523-2145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。