ここから本文です。

更新日:2021年4月15日

令和3年度国民健康保険料

令和3年度の保険料は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う市内の景気経済や市民生活等への影響を鑑み、保険料率と賦課限度額を令和2年度水準に据え置きました。

令和3年度の保険料率等

保険料率等は下表の通りです。

 

令和3年度

医療給付費分

所得割率

6.58%

均等割額

32,100円

賦課限度額

610,000円

後期高齢者支援金分

所得割率

2.24%

均等割額

11,700円

賦課限度額

190,000円

介護納付金分
(40~64歳の方のみ)

所得割率

1.69%

均等割額

14,500円

賦課限度額

160,000円

賦課限度額について

賦課限度額は、政令により法定限度額が定められており、自治体はその範囲内で賦課限度額を定めることができます。令和2年度に法定限度額が改定されましたが、新型コロナウィルスの影響を鑑み、立川市では平成31年度水準に据え置いています。

軽減判定所得について

国民健康保険料には、世帯主を含めた加入者の総所得金額等の合計(軽減判定所得)が、一定の基準を超えない場合、保険料の均等割額が自動的に軽減されるという制度があります。

軽減判定所得が以下の基準を超えない世帯

軽減割合

43万円+10万円×(給与所得者等の合計数ー1)

7割軽減

43万円+28.5万円×加入者数

+10万円×(給与所得者等の合計数ー1)

5割軽減

43万円+52万円×加入者数

+10万円×(給与所得者等の合計数ー1)

2割軽減

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課賦課係

電話番号:042-528-4314

ファックス:042-523-2145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。