ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 給付 > はり・きゅうの施術を受けるときは

更新日:2022年6月30日

はり・きゅうの施術を受けるときは

国民健康保険を使って施術を受けるときは、事前に医師の同意書が必要です。

国民健康保険が使える(保険給付の対象となる)場合

慢性病であって医師による適当な治療手段がないものとされ、主として神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症及び頸椎捻挫後遺症等の慢性的な疼痛を主症とする疾患の施術を受けたとき。

施術を受けるときは

国民健康保険を使って施術を受ける際は、あらかじめ医師の発行した同意書が必要です。同意書の提出にあたっては、対象となる疾患にかかる主治の医師にご相談ください。また、6か月を超えて施術を受ける場合には、医師の再同意が必要です。

施術を受けるときの注意事項

病院、診療所などの保険医療機関で同じ対象疾患の治療を受けている間は、はり・きゅうの施術を受けても国民健康保険の給付の対象にはなりませんので、ご注意ください。

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課 

電話番号:042-528-4314

ファックス:042-523-2145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。