ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 給付 > 後期高齢者医療制度の第三者行為

更新日:2022年12月6日

後期高齢者医療制度の第三者行為

交通事故にあったときには注意!

交通事故のように、第三者の行為によって怪我や病気になった場合でも、後期高齢者医療制度で治療を受けることができます。(労災、重過失、飲酒、けんか、自虐行為によるものは除く)

ただし、本来その治療費は加害者が支払うべきものですから、東京都後期高齢者医療広域連合が一時立て替えるだけで、後で東京都後期高齢者医療広域連合から加害者(損害保険等)に請求することになります。

交通事故にあったときは、まず落ち着いて行動し、必ず警察に連絡しましょう。そして、後期高齢者医療制度で治療を受ける場合には、必ず市役所にも届け出をしてください。

届出先

市役所保険年金課

関連リンク

東京都後期高齢者医療広域連合オフィシャルページ「東京いきいきネット」(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課 

電話番号:042-528-4314

ファックス:042-523-2145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。