ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > 国民年金 > 届出 > 国民年金加入・変更手続き

更新日:2018年10月9日

国民年金加入・変更手続き

年金の手続きはどうするの?

20歳になったときや、退職などで国民年金へ切り替えるときなど、お手続きが必要になります。
お手続きの内容によって、お手続き先や用意していただく必要書類も異なりますので、事前に手続き先にご確認ください。

第1号被保険者(学生、自営業者等の方)は、市役所へ手続き。
第2号被保険者(会社員、公務員等の方)は、勤務先へ手続き。
第3号被保険者(第2号被保険者の被扶養者配偶者の方)は、配偶者の勤務先へ手続き。

問い合わせ

市保険年金課国民年金係電話042-523-2111内線1394、1395

窓口サービスセンター電話:042-540-0020

立川年金事務所(日本年金機構)
立川市錦町2-12-10
電話:042-523-0352

東京都国民年金基金
新宿区歌舞伎町2-44-1
電話:03-5285-8800(フリーダイヤル0120-65-4192)

国民年金に加入するとき、やめるときの手続き先

20歳になったとき

本人・・・市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター

被扶養配偶者・・配偶者の勤務先

会社などに就職したとき

本人・・・勤務先
被扶養配偶者・・配偶者の勤務先

会社などを退職したとき

本人および被扶養配偶者・・・
市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター

配偶者の扶養になったとき

配偶者の勤務先

配偶者の扶養からはずれたとき

市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター

配偶者が会社を変わったとき

配偶者の新しい勤務先

任意加入するとき

市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター

海外に居住するとき(任意加入する場合)

市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター

年金手帳をなくしたとき(再交付)

第1号被保険者→市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター
第2号被保険者→勤務先
第3号被保険者→配偶者の勤務先

保険料についての手続き先

保険料の納付が困難なとき

市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター

低所得者である若年者(50歳未満)で
保険料納付が困難なとき

市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター

学生で納付困難なとき

市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター

納付書を紛失したとき

立川年金事務所

口座振替を開始・停止・変更するとき

取引先の銀行、郵便局、農協、漁協、信用金庫、労働金庫、
立川年金事務所

保険料を納めすぎたとき

立川年金事務所

定額以上の保険料を納めたいとき(付加保険料)

市保険年金課国民年金係・窓口サービスセンター

定額以上の保険料を納めたいとき(国民年金基金)

第1号被保険者かつ都内に住民票がある方は東京都国民年金基金

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課 

電話番号:042-528-4314

ファックス:042-523-2145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。