ホーム > 産業・ビジネス > 入札・契約 > 制度概要 > 公共工事の前払金の使途を拡大します

ここから本文です。

更新日:2016年11月1日

公共工事の前払金の使途を拡大します

地方自治法施行規則の一部を改正する省令が公布され、公共工事の前払金に関する事項が一部改正されたことから、市は工事請負契約約款を一部改正し、公共工事の前払金の使途を拡大します。

使途拡大の対象は現場管理費と一般管理費

前払金の使途拡大の対象は、現場管理費(労働者災害補償保険料を含む。)及び一般管理費等のうち当該工事の施工に要する費用(保証料を含む。)で、この拡大部分に充てられる上限は前払金額の100分の25です。

平成28年11月1日以降に契約を締結する工事は、工事請負契約約款を一部改正し、前払金の使途の拡大に対応します。

平成28年4月1日から10月31日までに契約を締結した工事は、必要に応じて、発注者と受注者が協議を行ったうえで

使途の拡大について定めます。

関連リンク

お問い合わせ

財務部契約課 

電話番号:042-528-4309

ファックス:042-521-2447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。