ここから本文です。

ホーム > 産業・ビジネス > 入札・契約 > 制度概要 > 中間前金払制度について

更新日:2016年12月5日

中間前金払制度について

平成20年12月1日より中間前金払制度を実施しています。

中間前金払制度とは、契約当初の前払金に追加して、工事の中間段階(下記の2を参照)で、検査を必要とせずに、受注金額の2割を超えない範囲で前金を支払うことができる制度で,材料費等の資金供給の円滑化を図り、工事請負業者の資金繰りの改善につながるものです。

制度の内容

1.対象

  • 前払金を受けている土木工事、建築工事及び設備工事
  • 契約金額が1,000,000円以上

2.工事の中間段階とは…次の3つの要件を満たしていること

  • 工期の二分の一を経過していること。
  • 工程表により工期の二分の一を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること。
  • 既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が契約金額の二分の一以上の額に相当するものであること。

3.具体的な進め方

  1. 中間前金払いを希望する受注者は、市に認定請求書を提出する。
  2. 市は要件を満たしていることを確認した後、認定調書を交付する。
  3. 受注者は認定調書を添え、保証会社に中間前払金保証の手続きをする。
  4. 保証会社が受注者に対し中間前払金の保証証書を発行する。
  5. 受注者は保証証書を添え、市に中間前払金の請求をする。
  6. 市が中間前払金を受注者が指定する前払金専用口座に振り込む。
  • 認定請求書については添付の書式をご利用ください。

ご質問・ご不明な点ございましたら
契約課工事契約係042-523-2111(内線2715,2716)までご連絡ください。

関連ファイル

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部契約課 

電話番号:042-528-4309

ファックス:042-521-2447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。