ここから本文です。

SDGsコラム

SDGsの実現のためには、行政だけでなく様々な主体がその推進に取り組むことが必要です。

立川市では、SDGsに積極的に取り組んでいる市内の個人や団体をコラムで紹介しています。

vol.1「17のゴールと169のターゲット」

SDGs(エスディージーズ)という言葉をご存じですか。SDGsは、日本語で「持続可能な開発目標」と訳し、先進国と開発途上国が2030年に向けて、ともに目指す目標として掲げられました。環境・経済・社会という広い範囲で17のゴールが掲げられ、より具体的な目標として、169のターゲットがあります。

海はないから関係ない!?

ゴール14の「海の豊かさを守ろう」は、海のない立川市には関係のないことに思えますが、ターゲット14-1では、陸上活動による汚染が海洋汚染につながることを防止すると掲げています。ごみをポイ捨てしない、マイボトルやマイバッグを使うなど、ごみを発生させないことが、結果的に海の豊かさを守ることにつながります。

SDGsはとても大きな目標ですが、このように、皆さんの身近なところでも、取り組めることがたくさんあります。まずは、SDGsを知るところから始めてみましょう。

 

このコラムは、広報たちかわ2022(令和4年)年4月25日号に掲載されています。

 

vol.2「地域の力が世界を変える~立川青年会議所の取り組み~」

Q.どんなことに取り組んでいますか。

A.先進企業から講師を招いて企業向け講演会を実施し、企業活動の中でできる取り組みについて考える機会を提供しています。2019年には、立川市ほか2市とSDGs協働推進宣言を締結しました。

Q.意識していることを教えてください。

A.地域だけでなく、世界の問題と照らし合わせながら身近な問題を考える、という視点をもって取り組んでいます。

≪担当者から一言≫

これからも、地域事業を通じて、SDGs達成を目指して活動していきます。「理想のまち」を一緒につくっていきましょう!

 

このコラムは、広報たちかわ2022(令和4年)年5月25日号に掲載されています。

vol.3「リサイクルでごみ減量~大山自治会の取り組み~」

Q.どんなことに取り組んでいますか。

A.燃やせるごみから生ごみを分別し、たい肥としてリサイクルしています。できあがったたい肥は、大山自治会会員へ配布するほか、地域の花壇、保育園や小・中学校で活用されています。

Q.意識していることを教えてください。

A.継続して取り組むことで、ごみ減量に対する意識が高まりました。

≪担当者から一言≫

大山自治会の取り組みは一つの例です。市民の皆さんも一緒にごみ減量に取り組みましょう。

 

このコラムは、広報たちかわ2022(令和4年)年6月25日号に掲載されています。

 

お問い合わせ

総合政策部企画政策課政策推進係

電話番号:042-528-4302

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。