ここから本文です。

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 市民の生活状況に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)報告書

更新日:2022年5月25日

市民の生活状況に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)報告書

令和3年度に実施しました市民の生活状況に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)について、調査結果がまとまりましたので報告いたします。

調査の目的

本市におけるひきこもり支援は、その属性等により子ども、生活困窮、障害、高齢・介護など、それぞれの行政分野において対応を進めており、全体としての実態の把握は行われていませんでした。ひきこもりの長期化や高齢化に留まらず、そらが家族関係にも影響をあたえるなど複雑化、複合化する課題に対応するため、本調査では、就職氷河期世代を含む満15歳から64歳までの方を対象に暮らしぶり、就労状況、ふだんの活動外出の頻度等について調査し、生活状況やひきこもりの状況について把握することで、生きづらさを抱える様々な方に社会参加や就労などの必要な支援が届くための施策を検討するための基礎データを得ることを目的に実施しました。

市民の生活状況に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)報告書

市民の生活状況に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)報告書(PDF:2,860KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども家庭部子ども育成課青少年係

電話番号:042-528-4372

ファックス:042-528-4356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。