ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 交通 > 交通安全 > 自転車のTSマーク

更新日:2018年10月1日

自転車のTSマーク

TSマークとは、TRAFFIC-SAFETY(交通安全)の頭文字をとったもので、このマークを貼ってもらうことで傷害保険、賠償責任保険等に加入したことになります。

TSマークには、青色と赤色の2種類があり、補償内容が異なります。また、有効期限があります。

第一種TSマーク(青色マーク)

青色TSマーク

第二種TSマーク(赤色マーク)

赤色TSマーク

TSマークを貼ってもらうには(保険の加入手続き)

  1. 自転車安全整備店(TSマーク取扱店)で、自転車の点検整備(有料)を受ける
  2. 自転車安全整備士が点検整備基準に従い必要な点検・整備を行う
  3. 自転車安全整備士が安全利用の指導をした上でTSマークを貼る

自転車安全整備店(TSマーク取扱店)

自転車安全整備店(TSマーク取扱店)として登録されているお店には、ステッカーが貼ってあります。

市内の立川市自転車商組合に加入しているお店のなかには、自転車安全整備店(TSマーク取扱店)として登録されていないお店もあるため、詳しくはお店にお尋ねください。

 

TSマークの有効期間

TSマークに記載されている日より1年間

TSマークの補償内容

1.傷害補償

TSマークが貼付されている自転車に搭乗している人が、交通事故によって事故の日から180日以内に入院、死亡又は重度後遺障害を負った場合には、表1に記載の金額が支払われます。

表1傷害補償

種類

死亡もしくは
重度後遺障害(1~4級)注1

入院(15日以上)

青色TSマーク

30万円

1万円

赤色TSマーク

100万円

10万円

注1重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級

2.賠償責任補償

TSマークが貼付されている自転車に搭乗している人が、第三者に死亡又は重度後遺障害を負わせたことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合に、表2に記載の金額が支払われます。

表2賠償責任補償

種類

死亡もしくは
重度後遺障害(1~7級)注2

青色TSマーク

1,000万円

赤色TSマーク

1億円

注2重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級

3.被害者見舞金

赤色TSマークが貼付されている自転車に搭乗している人が、第三者に入院15日以上の傷害を負わせたことにより、法律上の損害賠償責任を負担した場合に、表3に記載の金額が支払われます。

なお、青色TSマークが貼付されている自転車への適用はありませんので、ご注意ください。

表3被害者見舞金

種類

入院15日以上の傷害

赤色TSマーク

10万円

TSマークの詳細情報について

TSマークに関する詳細は、公益財団法人日本交通管理技術協会のホームページ(別ウインドウで外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ

まちづくり部交通対策課 

電話番号:042-523-2111(内線2280)

ファックス:042-521-3020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。