ここから本文です。

ホーム > よくある質問 > 住民登録・戸籍 > 電子証明書の有効期限が過ぎてしまいました。どうしたらよいですか?

更新日:2022年3月10日

電子証明書の有効期限が過ぎてしまいました。どうしたらよいですか?

質問

電子証明書の有効期限が過ぎてしまいました。どうしたらよいですか?

回答

電子証明書の有効期限が過ぎますと、e-Taxの確定申告やコンビエンスストア等での住民票の写し等の証明書交付サービスが利用できなくなります。
電子証明書を使用できるようにするためには、ご本人が、電子証明書が記録された個人番号カードをお持ちになり、市役所市民課窓口もしくは窓口サービスセンターまでおいでください。

電子証明書の更新時の暗証番号(署名用電子証明書は、英字と数字の組み合わせ6桁~16桁。利用者用電子証明書は、数字4桁)は、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付時に設定された暗証番号を使用します。
お忘れの場合は、暗証番号を再設定いただくことになります。

申請窓口
市民課(市役所1階)
窓口サービスセンター(JR立川駅近く)

受付日・受付時間
月曜日から金曜日(閉庁日を除く)午前8時30分から午後4時30分
※土曜日・日曜日・祝日・年末年始は受付できません。

申請に必要なもの

個人番号カード
本人確認書類(運転免許証やパスポート、保険証等)
※住民基本台帳用暗証番号(数字4桁)が入力可能であれば個人番号カードのみで暗証番号再設定が可能です。

お問い合わせ

市民生活部市民課 

電話番号:042-528-4311

ファックス:042-523-2139

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。