ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 住民登録・戸籍 > 公的個人認証 > 住民基本台帳カードによる公的個人認証サービス(新規発行は終了しました)

更新日:2019年3月18日

住民基本台帳カードによる公的個人認証サービス(新規発行は終了しました)

住民基本台帳カードの交付は終了しました

平成28年1月より、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付が始まりました。詳しくは、立川市ホームページ内の次のリンクをごらんください。マイナンバー制度の概要

それに伴い、住民基本台帳カードに格納する公的個人認証サービスによる電子証明書及び、住民基本台帳カードの交付は、平成27年12月22日をもって終了しました。

すでにお持ちの住基カードや電子証明書は、有効期限までお使いいただけます。ただし、住所・氏名・生年月日・性別のいずれかが変更となる場合は、電子証明書は有効期限前でも失効します。

平成28年1月以降は、マイナンバーカード(個人番号カード)に電子証明書を格納します。マイナンバーカード(個人番号カード)に格納する電子証明書の有効期限は5年間ですが、制度上、即日の交付はできません。マイナンバーカード(個人番号カード)については次のリンクをごらんください。マイナンバーカード(個人番号カード)を申請された方・申請をお考えの方へ

確定申告を控えている時期に有効期限を迎える方は、ご注意願います。マイナンバーカード(個人番号カード)に格納する公的個人認証サービスによる電子証明書については次のリンクをごらんください。公的個人認証サービス

 

公的個人認証とは

公的個人認証サービスはインターネットを利用した電子申請等を安全に行うために使用する電子証明書を発行する公的なサービスです。

国税の申告や、自動車保有関係のワンストップサービス等でご利用いただけます。

e-Tax(国税電子申告・納税システム)ホームページ(外部サイトへリンク)

(注意)公的個人認証サービスについての詳細は、関連リンク「公的個人認証サービスポータルサイト」をご覧ください。

(注意)ご自宅等で「電子証明書を使用するサービス」をご利用になる際には、インターネットに接続されたパソコンとICカードリーダライタが別途必要です。

電子証明書の有効期限にご注意を

住民基本台帳カードに格納する公的個人認証サービスの電子証明書の有効期限は、発行の日から3年間有効です。

カード前面に書かれている有効期限は住民基本台帳のもので電子証明書の有効期限ではありませんのでご注意ください。

住民基本台帳カードに搭載されている電子証明書は更新はできません

3年間の有効期限が満了すると電子証明書は失効し、電子申請等で利用することができなくなります。確定申告等で電子証明書をご利用の際は有効期限をお確かめください。

※平成27年12月28日をもって、住民基本台帳カードに格納される電子証明書の新規発行・更新は終了しました。

電子証明書の発行・更新をご希望の方は、個人番号カードを申請していただきますよう、お願いいたします。

個人番号カードに、電子証明書を格納いたします。

関連リンク

お問い合わせ

市民生活部市民課 

電話番号:042-528-4311

ファックス:042-523-2139

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。