立川市

  • 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 教育委員会 > 文化財・資料館 > 歴史民俗資料館 > 歴史民俗資料館・古民家園 解説・講座等のご案内

ここから本文です。

更新日:2020年4月16日

歴史民俗資料館・古民家園の解説・講座ご案内

立川市歴史民俗資料館および川越道緑地古民家園では、郷土の歴史や文化に対する理解を深めるため、以下のような解説、講座を設けています。

随時、受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

資料館展示解説

歴史民俗資料館展示解説

国宝六面石幢(レプリカ)や市指定文化財など原始から近現代までの立川の歴史、民俗(常設展)を解説します。

歴史民俗資料館の外観

  • 所要時間:1時間程度
  • 人数:20人程度
  • 対象:小学生から大人
  • その他:随時

事前に予約をいただけると助かります。

 

古民家園解説

幸町にある川越道緑地古民家園(小林家住宅・須﨑家内蔵)の解説をします。

古民家園解説

  • 所要時間:1時間程度
  • 人数:20人程度
  • 対象:小学生から大人
  • その他:随時

事前に予約をいただけると助かります。

資料館特別講座

立川の遺跡に学ぶ

旧石器から奈良、平安時代にわたる立川の様子について勉強します。


立川の遺跡に学ぶ

  • 所要時間:50分から3時間程度
  • 人数:50人程度まで
  • 対象:小学生から大人
  • その他:出張可

要予約

むかしの道具体験

むかしの運搬用具や履物等、日常使われていた道具を使い、道具の工夫や先人の苦労を学びます。特別支援学級対応可能事業。

むかしの道具体験

  • 所要時間:40分程度
  • 人数:20人程度
  • 対象:小学生
  • その他:出張可

要予約


【いのちの授業】カイコの飼育体験

カイコの卵を提供します。卵から幼虫、繭つくりまで飼育することで、カイコの一生を勉強します。また、「いのちの大切さ」を学びます。特別支援学級対応可能事業。

カイコの飼育体験

  • 所要時間:1か月程度
  • 人数:特になし(その他参照)
  • 対象:小学生
  • その他:とんからりん機織りクラブの提供

数、時期(5月、9月の1か月程度前)に制約があります。事前準備もありますので、早めの相談をお願いします。

繭うさぎ作り

繭玉を使って、かわいいうさぎを作ります。希望により、カイコの一生を解説します。特別支援学級対応可能事業。


繭うさぎ作り

  • 所要時間:30分程度
  • 人数:20人程度
  • 対象:幼児から小学生
  • その他:出張可

繭玉に限りがございますので、早めの相談をお願いします(要予約)。

真綿づくり体験

カイコの一生を解説した後、繭玉を使って真綿づくりを体験します。特別支援学級対応可能事業。

真綿づくり体験

  • 所要時間:30分程度
  • 人数:20人程度
  • 対象:小学生
  • その他:出張可

とんからりん機織りクラブとの協力事業。事前準備等ありますので、早めの相談をお願いします(要予約)。

機織り体験

簡単な解説のあと、機織りのミニ体験を実施します。特別支援学級対応可能事業。

機織り体験

  • 所要時間:30分程度
  • 人数:15人程度
  • 対象:小学生から大人

とんからりん機織りクラブとの協力事業。制限がありますので、早めの相談をお願いします(要予約)。

「立川村十二景」にみる、ちょっとむかしの暮らし

市指定文化財「立川村十二景」を使って、明治から戦前の立川とその暮らしを一緒に考えますます。

 

立川村十二景

  • 所要時間:45分程度
  • 人数:20人程度
  • 対象:小学生
  • その他:出張可

要予約

スライドが語る立川の近現代

スライドを見ながら、立川の近現代を学習します。立川駅北口、熊野神社等、曙町、高松町の話をします。

立川の近現代

  • 所要時間:45分から90分程度
  • 人数:制限なし
  • 対象:中学生から大人
  • その他:出張可

要予約

上記解説及び講座の所要時間と人数は、目安です。ご都合に合わせて対応させていただきます。

その他、希望される内容等ございましたら、気軽にご相談ください。

資料館特別展示

【オリンピック教育推進校対応】立川のなかの東京オリンピック

昭和39(1964)年に開催された東京オリンピックのなかで、立川に関係する資料を展示します。(展示資料例:ロードレース競技の写真、オリンピックポスター)

オリンピック

  • 対象:小学生から大人
  • その他:出張可

展示は、写真とポスターなどのパネル展示です。記念メダルやチケットなどのモノ資料を展示希望の場合は、資料を収容するガラスケース等が必要となります(要予約)。

今昔「立川村十二景」―立川駅前編―

明治期に描かれた立川村十二景(立川駅前)とその後の変貌を写真を使って紹介します。

立川駅前編

  • 対象:小学生から大人
  • その他:出張可

要予約

資料館収蔵資料の貸し出し

  分類 資料名 備考
13

農機具

足踏み脱穀機、唐箕、鍬、クルリ棒  
14 運搬具 天秤棒、背負い籠、肥え桶、風呂敷き  
15 履き物 草履、足半、下駄、わらじ、足袋  
16 むかしの道具(総合) 釡、おひつ、洗濯板、盥、背負子、燭台、がんどう、湯たんぽ、アイロン、ひのし、黒電話、七輪、わらじ  
17 写真資料 稲刈り、脱穀、養蚕、機織り、多摩川、小中学校、立川駅、立川基地、戦争、ほか  
18 考古資料 縄文土器、石器、発掘等写真  
19 教育資料 教科書  
20 戦争関係資料 召集令状、千人針、旗(祝出征)、ゲートル、水筒、鉄かぶと、背のう、はんごう、奉公袋、軍隊手帳、記章、絵本、紙芝居、配給券、衣料切符、国民服、雑のう、防災頭巾、もんぺ、8月15日新聞、新しい憲法のはなし、立川基地パンフレット、空襲等写真資料  

 

脱穀体験

資料館収蔵資料の貸し出し【国語教科書編】

カッコ内は写真資料の貸出し

    学年 題名 資料名 備考
1上 68 おはなしのくに [機織り機]、盥、魚籠、扇子、提灯、草鞋、草履、鉈  
1下 48

天にのぼった

おけやさん

おけ、かさ、つな、ふろしき  
2下 44 かさこじぞう [ざしき]、[土間]、(すげ)がさ、うす、きね、おかざり、手ぬぐい、[いろり]、[雨戸]  
  56 ないた赤おに 斧、薪、背負子、草鞋、木槌  
3上 46 国語辞典の引き方 振馬鍬  
  124 きせつと言葉 ひな人形、こいのぼり、武者人形  
3下 28 モチモチの木 木うす、石うす、籠、ねんねこばんてん、[かまど]、まき、鉄瓶  
  126 俳句を読もう ぞうり、げた  
  130 ソメコとオニ 籠、鍬、手拭い、鉢巻き、筆  
  145 家のつくりを表す言葉 [とこの間]、[ふすま]、[えんがわ]、[しきい]、[はり]、[大黒柱]  
4上 16 やい、とかげ ろうせき  
  82 一つの花 [ばくだん]、防空ずきん、配給きっぷ、襷、ミシン  
  118 谷間にかかったにじの橋 [障子]、[えんがわ]、かさ、おけ  
  134 いろはうた いろはうた(立川市郷土かるた)  
4下 28 ごんぎつね はりきり、はちまき、びく、[いど]、手ぬぐい、[かまど]、なべ、かご、茶わん、[障子]、なわ、[戸口]、[土間]  
  54 ぞろぞろ わらじ、文(古銭)  
  100 夕鶴 [はた]  
5上 58 漢文に親しむ [論語]、[大学]  
  118 漢文を読もう [論語]  
5下 42 雪わたり [鏡もち]  
6上 60 春はあけぼの 炭、火桶(火鉢)  
  84 川とノリオ はんてん、[B29]、ずきん、きせる、[くど(かまど)]、まき、かま  
  120 伝えられてきた作品 すずり  
6下 28 言葉は時代とともに 炭、火桶(火鉢)  
  40 きつねの窓 [土間]  
  68 伊能忠敬 そろばん、矢立、わらじ  
  153 季節の言葉 かや、風鈴、うちわ  

ごんぎつね

利用の手引き

1.申し込み

原則、希望日の1か月前までにご連絡下さい。

申し込み時に、団体名(学校名)・年齢構成等(学年)・参加者数・希望日時(第3希望まで)・希望講座等・担当者名・連絡先をお伝えください。

2.打合せ

利用の1週間前までに、ご担当の方に来館いただき、大凡の概要及び注意事項等、説明させていただきます。当日の内容で希望があれば、お伝えください。

出張の場合等で、特に必要がある場合、当館職員の方で、現場訪問のうえ、調整させていただきます。

貸出しについて

原則2週間貸し出しいたします。授業の関係等で、希望日が集中する場合、貸し出し期間を短縮させていただくことがありますので、ご承知おき下さい。

貸し出し品は、原則、当館で状態の良く、十分な調整を施したうえで貸し出しますので、最低2週間前には、ご相談の連絡をください。なお、状態の悪化や利用条件によっては、貸し出せない場合や利用の制限をお願いすることもあります。

貸し出しにあたっては、状態を十分確認したうえで、お持ちください。

申請は、担当者の方のお名前で結構です。印鑑等必要ありません。

貸し出し品については、案内以外にもございますので、なるべく早めに相談してください。

貸し出し資料によっては、利用者の方のイメージと相違することがあります。事前相談・確認等お願いします。

 

申し込み及びお問合せ

時間

午前9時から午後4時30分

場所

立川市歴史民俗資料館

〒190-0013

立川市富士見町3-12-34

料金

無料

休館日

月曜日(月曜が祝日の場合は翌日休館)

連絡先

電話042-525-0860

FAX042-525-1236

関連ファイル

関連リンク

歴史民俗資料館からのお知らせ

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部生涯学習推進センター文化財係

電話番号:042-525-0860

ファックス:042-525-1236

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。