立川市

  • 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 教育委員会 > 文化財・資料館 > 立川市の散歩コース【歴史と文化の散歩道】 > 立川市の散歩コース【6.西砂川と殿ヶ谷分水跡を歩く】

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

立川市の散歩コース【6.西砂川と殿ヶ谷分水跡を歩く】

全長で約5.6キロメートル。

西武立川駅を出発し、神社や分水跡を巡るコースです。

散歩コース概要

6tonogaya

  1. 西武線西武立川駅
  2. 諏訪神社
  3. 殿ヶ谷緑道
  4. 神明社
  5. 林泉寺
  6. 阿豆佐味天神社
  7. ケヤキ並木
  8. 玉林寺
  9. 西武立川駅

諏訪神社

宮沢新田は宮沢村(昭島市)の人々によって開発されました。

諏訪神社は宮沢新田の氏神様として、親村であった宮沢村の諏訪神社を勧請したものです。

(注)親村:新田開発のためにやってきた人々の出身地の村。

コース概要へ

殿ヶ谷緑道

三新田の開発を進めるため、享保5年(1720)に殿ヶ谷分水が引かれました。

殿ヶ谷分水の跡は、殿ヶ谷緑道として、その痕跡を残しながら遊歩道に生まれ変わったのです。

コース概要へ

神明社

中里新田は、川崎村(羽村市)の中里伊兵衛が、殿ヶ谷分水を利用して開発したものです。

神明社は中里新田の氏神様ですが、横田基地の拡張などで戦後ここに移されました。

コース概要へ

林泉寺

林泉寺

林泉寺は山号を鷹尾山といい、臨済宗建長寺派です。

享保14年(1729)、中里新田の人々の菩提寺として創建されました。

昭和20年8月の空襲で本堂その他を焼失したのですが、すべて立派に再建されました。

コース概要へ

阿豆佐味天神社

殿ヶ谷新田は殿ヶ谷村の人々によって開発されました。

開発にあたった人々は、殿ヶ谷村の阿豆佐味天神社を勧請して氏神様としたのです。

(注)勧請:神仏の霊や形像を別の地で招き、まつること。

コース概要へ

玉林寺

玉林寺は嶺雲山といい、臨済宗建長寺派です。

室町時代に殿ヶ谷村(瑞穂町)に創建されましたが、殿ヶ谷新田の人々の菩提寺として移されたのです。

コース概要へ

関連ファイル

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部生涯学習推進センター文化財係

電話番号:042-525-0860

ファックス:042-525-1236

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。