ここから本文です。

更新日:2017年1月28日

川越道緑地(古民家園)

川越道緑地(古民家園)をご紹介します。

 

五日市街道の北、平成新道沿いにこんもりとした木々の茂みがあります。遠くから眺めると、まるで小さな森のように見えます。この緑地は、コナラ、クヌギ、ケヤキ、エゴなどが自生した雑木林で、かつての武蔵野の姿を今も色濃く残しています。地形の上ではちょうど武蔵野段丘と立川段丘の境にあるため、一帯は傾斜地になっています。樹林帯のなかは思いのほか明るく、緑の息吹が肌で感じられます。また、落葉が堆積して腐葉土になっていく、そうした木々の営みにじかに触れることができます。あたりには農地がひろがり、野鳥の声も聞こえる、静かな田園を思わせる場所になっています。ここには、砂川の昔を偲ばせる「川越道緑地古民家園」が開園しています。この家屋は、平成元年に立川市有形文化財の指定をうけました。立川市へ寄贈がされたことから緑地内への移築復元工事が始まり、平成5年度に公園施設として公開されました。「へっつい」のある土間や囲炉裏をきった「おかって」など、屋内の様子からは江戸時代の暮らしぶりが伝わってきます。

古民家園に関するお問い合わせ

歴史民俗資料館
住所:190-0013東京都立川市富士見町三丁目12-34
電話:042-525-0860
ファックス:042-525-1236

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部生涯学習推進センター 

電話番号:042-527-5757

ファックス:042-528-6806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。