ここから本文です。

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 保育施設 > 保育施設に関するお知らせ > 令和4年3月28日、立川市の保育のあり方に関する提言を市長に提出しました。

更新日:2022年3月30日

令和4年3月28日、立川市の保育のあり方に関する提言を市長に提出しました。

syukuosiki

立川市保育のあり方検討委員会を設置し、令和3年10月から令和4年2月にかけて市は、保育に関する学識経験者、医師、保育施設や幼稚園等運営事業者の代表、保護者等の11名の委員により全5回の検討を行ってまいりました。

委員会では、必要な保育の量の見込みや保護者等の様々なニーズ、保育園や幼稚園の運営状況等を踏まえ、今後10年程度を見据えて、市全体の幼児教育・保育の現状や課題についての話し合いを行い、より良い保育の実現に向けた提言を6つにまとめた「立川市の保育のあり方に関する提言」を作成し、令和4年3月28日に、手交式を行いました。

提言の内容を踏まえ、市では今後の方向性について引き続き検討を行ってまいります。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども家庭部保育振興担当課保育指導支援係

電話番号:042-528-4322

ファックス:042-528-4356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。