ここから本文です。

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 令和2年度私立幼稚園補助金

更新日:2020年6月24日

令和2年度私立幼稚園補助金

幼稚園児のいるご家庭を支援します

立川市は、幼児教育の振興と充実を図るため、幼稚園等に在籍しているお子さんのいる保護者の方へ補助金を交付しています。

対象者

1.立川市に住民登録があり、お子さんが私立幼稚園等(市外の幼稚園も対象です)に在園している保護者の方。

2.園児が、私立幼稚園等に在籍し、施設等利用給付認定(特定教育・保育施設(認定こども園等)の場合は、教育・保育利用給付の1号認定)を受けていること

3.保護者が保育料、入園料等を納入していること

4.園児が満3歳児、3歳児、4歳児、5歳児であること(満3歳児は対象となる幼稚園が限られています)

2歳児クラス(プレ幼稚園)は対象外です。

補助金額

園児補助金は、東京都の保護者負担軽減補助金と、立川市による補助の2種類があります。東京都の保護者負担軽減補助金は、市民税の所得割額を基準に算定します。立川市による補助は、所得にかかわらず一律で月額5,300円が支給されます。詳細はページ下部の関連ファイル「立川市私立幼稚園補助金のご案内」をご覧ください。

申請方法

申請は、幼稚園等を通じて配布される園児補助金調書の提出が必要です。調書は6月下旬に幼稚園から配布されます。年度ごとの申請のため、毎年1回申請する必要があります。

提出書類

  1. 調書(園児1人につき1部提出します。下記添付ファイルからダウンロードもできます)
  2. 次のイからハに該当する方は添付書類として、令和2年1月1日にお住まいの市区町村が発行する「令和2年度課税証明書(非課税証明書)」が必要です。
  • イ、令和2年1月2日以降に立川市へ転入された方
  • ロ、所得のある保護者の一方が市外にお住まいの方(単身赴任など)
  • ハ、公簿で所得等の確認をすることに承諾されない方

提出先

在園している幼稚園へご提出ください。

決定通知

補助金額の決定は、下記スケジュールで幼稚園を通してお知らせします。

  • 前期分(4月から9月まで)→10月中旬
  • 後期分(10月から3月まで)→3月中旬

交付方法

補助金は、下記スケジュールでご指定の口座へお振り込みします。

  • 前期分(4月から9月まで)→10月下旬
  • 後期分(10月から3月まで)→3月下旬

ご注意

  1. 東京都分の補助金は、市民税所得割額を基準に補助金額を算定します。税の申告がお済みでない方は、至急申告してください(お勤め先の会社等が申告している場合は、必要ありません)。申告をしていないと、補助金額が本来受け取ることのできる金額より低くなる場合があります。
  2. 幼稚園補助金制度は各市区町村で行っています。このため、年度途中に立川市へ転入した方、または立川市から転出した方は申請が必要です。手続き方法は幼稚園または保育課へお問い合わせください。
  3. 令和2年度の申請書提出は令和3年3月1日までにお願いします。年度をまたいでの申請はできませんのでご注意ください。

よくあるご質問とその答え(ご覧になりたい質問をクリックしてください。すべて内部リンクです)

関連ファイル

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども家庭部保育課給付係

電話番号:042-527-5862

ファックス:042-528-4356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。