ホーム > 防災・防犯 > 災害 > 平成23年(2011年)東日本大震災 > 被災者支援情報 > 被災地域から避難した方の受診について

ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

被災地域から避難した方の受診について

東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い避難している方が医療機関を受診する場合、一定の条件を満たせば、医療機関等の自己負担(一部負担金)が免除となります。

免除を受けることができる対象者

東日本大震災による被災者の方で、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う国による避難指示区域等(※1)または旧緊急時避難準備区域等(※2)に住所のあった方で、現在立川市国民健康保険または後期高齢者医療制度の保険に加入している方。

(※1)1.帰還困難区域、2.居住制限区域、3.避難指示解除準備区域、4.特定避難勧奨地点(ホットスポット)

(※2)旧緊急時避難準備区域、指定が解除された特定避難勧奨地点(ホットスポット)

 

免除証明書について

窓口負担(一部負担金)の免除を利用して医療機関を受診する場合には、加入する医療保険の被保険者証免除証明書が必要となります。

立川市の国民健康保険及び東京都後期高齢者医療制度に加入中の立川市民の方が、免除証明書を申請する場合には、前住所地発行の罹災証明書を持参の上、保険年金課(下段の「情報発信元」)へ申請してください。その他の医療保険に加入している方の申請は、直接ご自身の医療保険にご確認ください。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課 

電話番号:042-528-4314

ファックス:042-523-2145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。