ホーム > よくある質問 > 環境 > 野焼きによる廃棄物の焼却禁止

ここから本文です。

更新日:2018年1月7日

野焼きによる廃棄物の焼却禁止

質問

野焼きによる廃棄物の焼却禁止

回答

野焼きは法律で禁止されています。
野外での焼却は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」並びに「都民の健康と安全と確保する環境に関する条例」により、一部例外を除き禁止されています。「野焼き」には、地面で直接焼却を行う場合だけではなく、ドラム缶焼却、穴を掘っての焼却、簡易な焼却炉による焼却などが該当します。

Q)野焼きはなぜいけないのですか?
A)野焼きをするとばい煙や悪臭だけではなく、燃焼過程で十分に温度が上がらないと、有害物資であるダイオキシンが発生するといわれています。廃棄物は野焼きせずに「燃えるゴミ」や「資源ゴミ」などに分別し、適正にゴミ出しを行っててください。

Q)罰則はあるのか?
A)平成13年4月1日より「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」が改正され、野外焼却(野焼き)は、〔一部例外〕を除いて、何人(なんびと)も行うことが禁止されました。悪質な野焼きを行った者は、5年以下の懲役、1,000万円以下の罰金のいずれか又は両方科せられます。
(廃棄物の処理及び清掃に関する法律25条1項第15号)

例外的に、認められている焼却行為

風俗慣習及び宗教上の焼却行為
どんと焼・火祭り・宗教上の行事として、しめ縄、門松、お札等の焼却など。

農業・林業を営む上で行わざるを得ない焼却行為
病害虫の駆除など

学校教育及び社会教育活動上必要な焼却行為
キャンプファイヤー・焚き火など

人が生活上利用する焼却行為
風呂焚き、まきストーブなど

その他
法の基準を満たしている焼却施設での焼却
消防訓練、防災訓練で行う焼却行為
災害時の応急対策に行う焼却行為
やむをえないと認められる焼却行為

例外として認められている焼却行為であっても、ばい煙や悪臭などで苦情があった場合は、指導の対象となりますので周辺環境を十分考慮し、苦情を招かないよう最大限注意をしてください。

Q)使用可能な焼却炉とは?
A)「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」、「大気汚染防止法」、「環境確保条例」に基づき、一定の基準(構造基準等)を満たした焼却炉は、使用することができます。ただし、焼却炉の規模等により、手続きが必要となりますので、焼却炉の設置をお考えの方は、設置する前に、市にご相談ください。また、構造基準を満たした炉であっても、使用方法に誤りがあると、悪臭の発生などにもつながりますので、ご注意ください。

問合せ
環境対策課(042-523-2111内線2248・2249)

お問い合わせ

環境下水道部環境対策課 

電話番号:042-528-4341

ファックス:042-524-2603

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。