ここから本文です。

ホーム > よくある質問 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産の評価替えとは何ですか?

更新日:2020年10月1日

固定資産の評価替えとは何ですか?

質問

固定資産の評価替えとは何ですか?

回答

固定資産税は、固定資産の価格、すなわち「適正な時価」を課税標準として課税されるものです。本来であれば毎年度評価替えを行い、その結果を基に課税を行うことが理想的ですが、膨大な量の土地、家屋について毎年度評価を見直すことは、実務的には事実上不可能であることや、課税事務の簡素化を図り徴税コストを最小に抑える必要もあること等から、土地と家屋については原則として3年間価格を据え置く制度(3年毎に価格を見直す制度)がとられています。

お問い合わせ

財務部課税課家屋係

電話番号:042-523-2111(内線1221、1222、1223、1224)

ファックス:042-523-2137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。