ホーム > 産業・ビジネス > 就職・労働 > 勤労者福祉 > 建設業退職金共済制度について

ここから本文です。

更新日:2016年12月5日

建設業退職金共済制度について

建設業退職金共済制度について

建設業退職金共済制度は、建設現場で働く人たちのために、中小企業退職金共済法により国が創設した退職金制度です。

契約できる事業主

建設業を営む方なら総合、専門、職別あるいは元請、下請の別を問わず、専業でも兼業でも、また許可を受けているといないにかかわらず契約できます。

加入できる従業員

建設現場で働く方々なら、職種(大工・左官・とび・土木・電工・配管工・塗装工・現場事務員など)にかかわりなく、また日給・月給に関係なく加入できます。
詳しくは独立行政法人勤労者退職金共済機構・支部(地方建設業協会内)のほか、都道府県の労政(労働福祉)課・労政事務所にお問い合わせください。
なお、建退共のホームページにおいても制度について詳しい説明をのせてございますのでご利用ください。

関連リンク

お問い合わせ

財務部契約課 

電話番号:042-528-4309

ファックス:042-521-2447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。