ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 高齢者インフルエンザ予防接種

ここから本文です。

更新日:2017年11月15日

高齢者インフルエンザ予防接種

65歳以上の方などに、インフルエンザ予防接種費用の一部を公費で負担します

インフルエンザは、普通のかぜとは違い、突然の高熱や頭痛・関節痛など、全身症状が強いのが特徴で、気管支炎や肺炎などを併発して、重症化しやすい感染症です。

そしてひとたび流行すると亡くなる方の多くは、65歳以上の高齢の方です。

感染を防ぐには、まず日頃からの充分な休息と栄養をとること、乾燥防止、そして予防接種が効果的です。

≪注意≫

ワクチンは、重症化の防止には一定の効果がありますが、感染防止の効果は保証されていません。また、まれに重篤な副作用が出る危険性もあります。ワクチンの接種を希望する方は、ワクチン接種の効果とリスクを理解したうえで個人の選択により接種してください。

対象となる方

接種日時点で、65歳を超えている方

必要書類を郵送します。(申し込みの必要はありません)

接種日時点で、60歳から64歳の方

接種日時点で、60歳から64歳の方のうち、心臓や腎臓、呼吸器等の内臓疾患により、障害者手帳1級程度の障害(心臓機能障害=人工ペースメーカー装着、腎臓機能障害=人工透析、呼吸器障害=歩行できない呼吸困難など)をお持ちの方が対象となります。

(健康会館への申し込みが必要です。)

実施期間

平成29年10月15日(日曜日)から平成29年12月28日(木曜日)まで

実施場所

立川市指定の医療機関約80か所

(下記関連ファイル「高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関一覧」をご覧ください)

立川南口クリニックは実施しないことになりました。問診票に同封した一覧には入っていますが、受けられませんのでご注意ください。

立川内科クリニックは実施を取りやめていましたが、11月15日(水曜日)から実施しています。

費用

立川市では、65歳以上の方がインフルエンザの予防接種を希望される場合、1年に1回、2,500円で受けていただけるように、費用の一部を公費で負担します。

費用免除

生活保護または中国残留邦人自立支援給付を受給中の方は、当日、証明書を医療機関に提出いただくと無料となります。

その他

市外の医療機関や老人ホーム等に入院、入所中であるなどで、指定医療機関で接種が出来ない場合は、健康推進課へご相談ください。

関連ファイル

平成29年度高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関一覧(PDF:202KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課(健康づくり担当)予防健診係

電話番号:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。