ここから本文です。

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 在宅生活を支えるサービス > 高齢者住宅改修アドバイザー事業

更新日:2020年3月3日

高齢者住宅改修アドバイザー事業

高齢者が安心して住むことができるように、手すりの取り付け・段差解消等の転倒予防、動作の容易性の確保及び介護の軽減を図ることを目的として専門家が住宅改修について助言を行います。

対象者

自立支援(市の事業)の住宅改修や介護保険法の住宅改修を利用して居室等の改修を予定している65歳以上の方
(ただし、3年以内に介護保険の要介護認定を受けている方に限ります。)

費用

無料

流れ

  1. 申請
  2. 審査並びに訪問日の調整
    (お電話でお体の様子等をおうかがいすることがあります。)
  3. 「高齢者住宅改修アドバイザー事業利用決定通知書」の送付
  4. 訪問、調査
    (理学療法士または作業療法士がお伺いいたします。)
  5. 報告書の送付

申請に必要なもの

事前に、介護保険の要介護認定を受けてください。

(1)高齢者住宅改修アドバイザー事業利用申請書

(2)日常生活調査表(2ページ)

上記(1)(2)の書類は、下記関連ファイルからもダウンロードもできます。
(立川市携帯サイトからはファイルのダウンロードはできません。)

受付窓口

  • 高齢福祉課業務係(市役所1階)
  • 地域包括支援センター(下記関連リンク参照)
  • 福祉相談センター(下記関連リンク参照)

なお、本事業を利用する場合は、事前に介護保険の要介護認定を受けた上で申請してください。

関連ファイル

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部高齢福祉課業務係

電話番号:042-523-2111(内線1475)

ファックス:042-522-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。