立川市

  • 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 教育委員会 > 学校教育 > 学校施設 > 立川第七中学校体育館の復旧方針等について

ここから本文です。

更新日:2022年9月13日

立川第七中学校体育館の復旧方針等について

復旧方針

令和4年6月30日木曜日未明に発生した立川第七中学校体育館の火災については、火元の2階東側倉庫部分が焼けたほか、燃え広がった火が天井まで達し、熱によって鉄骨部分が変形するなど、体育館の躯体等の強度にも影響を及ぼしました。

この間、市では全庁的なプロジェクトである「第七中学校体育館復旧対策プロジェクト会議」を立ち上げ、教育活動及び地域活動等への影響を最小限とするため、早期の復旧について建築技術の専門家からの意見を参考に検討を行いました。

建築技術の専門家に立川第七中学校体育館の被害状況や建替えまたは改修の妥当性に関して意見をいただいたところ、改修の場合は躯体等の詳細調査の実施が必要となり、また補強・交換が技術的に難易度の高い施工のため、建替えよりも工期が長くかかるほか、工事制約が多いことや鉄骨鉄筋コンクリート造の柱の改修及び屋根部の全面改修等を考慮すると、コスト面は建替えと同規模またはそれ以上となる可能性があることが判明しました。

このことから、プロジェクト会議において以下のとおり復旧方針を決定しました。

復旧方針 現体育館の速やかな解体・除却を実施し、建替えによる新体育館を築造する。

 

立川第七中学校体育館の復旧を速やかに行うため、令和4年8月8日月曜日に開会した令和4年第2回市議会臨時会に「新体育館建設工事等設計委託料」の補正予算案(57,448千円・令和5年度を期間とする債務負担行為を含む金額)を提出し、可決されました。

なお、その他の必要な予算については、準備が整い次第、令和4年第3回市議会定例会以降、順次、補正予算案及び当初予算案を提出いたします。

復旧スケジュール(予定)

今後、以下のスケジュール(予定)にて、立川第七中学校体育館の復旧を進めてまいります。

出火原因・再発防止策

立川第七中学校体育館の出火原因については、立川消防署より連絡があり、体育館2階東側倉庫の天井裏において、何らかの原因により電気配線が短絡(ショート)し、出火したものと推定されるとの説明がありました。

そのため、小・中学校における再発防止策として、漏電の有無を調査する絶縁抵抗測定の緊急点検を実施することとしました。

令和4年度1学期に既に点検を実施した11校は再度実施するとともに、令和4年10月以降の実施予定であった3校についても時期を前倒しして実施することといたします。なお、14校については夏季休業期間中に実施しております。

これらも含め、火災発生を未然に防止する対策に努めてまいります。

立川第七中学校生徒への支援

火災の影響で体育館が使用できないため、アリーナ立川立飛の運営を行っている立川ダイス様からバスケットボール部の練習場所の提供や、トヨタアルバルク東京株式会社様及び立川ダイス様からバスケットボールの寄贈がありました。

立川第七中学校の生徒をご支援いただき、誠にありがとうございます。

卒業式・入学式の会場

火災の影響で体育館が使用できないため、令和4年度卒業式・令和5年度入学式は以下の会場で執り行う予定です。

  • 令和4年度卒業式(令和5年3月16日木曜日)会場:泉市民体育館
  • 令和5年度入学式(令和5年4月7日金曜日)会場:昭島市KOTORIホール(昭島市市民会館)

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部教育総務課施設係

電話番号:042-528-4337

ファックス:042-528-1204

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。