ここから本文です。

更新日:2023年6月12日

市職員におけるマスク着用等の考え方(令和5年6月12日以降

令和5年5月8日から新型コロナウイルス感染症について、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)上の新型インフルエンザ等感染症に該当しないものとし、5類感染症に位置付けられることとなりました。

市は、5月8日以降の感染拡大を懸念し、当面の間、庁舎等における窓口において市民等に対応する時、市民等と面談する時、市民等の自宅等へ訪問する時等について、職員にマスクの着用を求めることとしていました。

また、感染症対策として窓口等に設置しているつい立(アクリル板)も当面の間設置することとしていました。

5月8日以降、概ね1か月が経過し、急激な感染拡大の傾向がみられないことが確認されたことから、国の方針等を踏まえ、6月12日以降の市職員におけるマスクの着用等の考え方については、次のとおりとします。

市職員におけるマスク着用等の考え方(令和5年6月12日以降

マスクの着用については、職員個人の主体的な選択を尊重し、個人の判断に委ねることを基本とします。

なお、次の場面では職員にマスクの着用を引き続き求めることとします。

  • 市施設の特性や機能に照らして、施設利用者への対応において配慮を必要とする時

例)健康会館…休日診療や健診等、医療機関に準じる業務をする時

ドリーム学園…重症化リスクが高い児童に接する業務をする時

  • その他、職場の状況に応じて所属長が必要と認める時など

また、感染症対策として窓口等に設置しているつい立(アクリル板)は、基本的に取り外すこととします。

 

お問い合わせ

市民生活部生活安全課生活安全係

電話番号:042-528-4376

ファックス:042-528-4333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。