ここから本文です。

ホーム > 市政情報 > 予算・行財政 > 予算・決算 > 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用について

更新日:2022年10月3日

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止とともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じて、きめ細やかに必要な事業を実施できるよう、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下、「臨時交付金」という。)が令和2年度に創設されました。

立川市では、感染症を取り巻く環境の変化や、最近の社会動向に対応するべく、「立川市新型コロナウイルス感染症にかかる緊急対応方針」を定めるとともに、国の地方創生臨時交付金等を活用し、取り組みを拡充しております。

(参考)立川市の感染症対応体制など

実施状況及び効果検証

各地方公共団体は、事業終了後に、臨時交付金を活用して実施した事業の実施状況及びその効果について公表すること(様式の定めなし)を求められており、公表にあたっては、ホームページへの掲載により、その内容を一般に閲覧できるようにするなど、広く透明性を持った手法で行うこととなっています。

・令和2年度_実施状況及び効果検証(PDF:239KB)

・令和3年度_実施状況及び効果検証(PDF:109KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部財政課財政係

電話番号:042-528-4303

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。