ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市の紹介 > 立川市民憲章

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

立川市民憲章

立川市民憲章は、市民がより豊かな市民性と連帯意識をもって共に生活していくうえでの、市民全体の目標ともいうべきもので、昭和57年8月1日に制定されました。

家族「ラ・ファミリア」像の写真
家族「ラ・ファミリア」像(市民憲章の「平和と文化」を表現。作者・御正進氏)

立川市市民憲章

多摩川の清流にはぐくまれ、玉川上水の分水をはかって武蔵野台地に生活の場を開拓した立川は、先見性と自治の精神をもって環境をととのえ、教育や産業の振興につとめてまいりました。わたくしたちは、この伝統を受けつぎ、多摩の中心都市として一層の充実と発展をねがい、広く世界を見つめ、平和で文化のかおり高い緑豊かな健康都市をめざして、この憲章を定めます。

わたくしたちは、

一 たがいに尊敬し、思いやりのある家庭とまちをつくります。
一 ふるさとを愛し、自然を大切にして、美しいまちをつくります。
一 働くことに誇りをもち、活力のある豊かなまちをつくります。
一 きまりを守り、協力しあって、住みよいまちをつくります。
一 心とからだをきたえ、文化を高め、伸びゆくまちをつくります。

お問い合わせ

総合政策部広報課 

電話番号:042-528-4304

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。