ここから本文です。

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 市史編さん事業 > 市史編さん事業の最新情報

更新日:2022年3月31日

市史編さん事業の最新情報

先史部会から2冊の報告書が刊行されました

令和4年3月発行の『東京都立川市大和田遺跡第1・3・4地点発掘調査資料再整理報告書』と『立川市域の古墳時代』が頒布開始となりました。

新編立川市史各刊行物は

  • 立川市役所本庁3階市政情報コーナー
  • 歴史民俗資料館
  • オリオン書房ノルテ店
  • ジュンク堂書店立川髙島屋店

にて好評発売中です。

刊行物の詳しい内容はこちら刊行物紹介ページへ

新編立川市史関連講演会の動画を公開しています

立川町仲町通り昭和7年ごろ

今年度の市史編さん関連講演会は、令和2年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から会場での開催は中止となりましたが、講演内容を動画で配信することになりました。
令和3年度は「大正・昭和の記録にみる立川の暮らし―『新編立川市史資料編近代2』から」を共通テーマとし、令和3年3月刊行された『資料編近代2』の内容に関連した講演を、立川市動画チャンネルで公開しています。

動画配信のご案内ページへ

市史編さん広報紙「たちかわ物語」最新号vol.13を配布中です

市史編さん広報紙「たちかわ物語」の最新号vol.13が発行されました。

市内の図書館や学習館、立川市役所本庁3階市政情報コーナー等で配布を開始しています。

たちかわ物語13号表紙

立川市の指定有形文化財であり、鎌倉時代の立川のすがたを知る上でも重要な資料のひとつである立川文書が、平成30年度に修復されました。

修復を経たことでさらに詳しい調査が実現し、その成果は『新編立川市史資料編古代・中世』に反映されています。今号では修復の目的と内容を、実際の写真を交えながら詳しく解説します。

また「資料をよむ」では「諏訪神社獅子舞の資料を中心に」と題し、立川市の郷土芸能である獅子舞の歴史を、資料調査と聞き書き調査という2つの視点で読み解いていきます。

巻末には令和3年度刊行の、先史部会の2冊の調査報告書『大和田遺跡第1・3・4地点発掘調査資料再整理報告書』と『立川市域の古墳時代』について、概要と見どころを紹介します。

たちかわ物語のページへ

市史編さん室では皆さまからの資料のご提供、刊行物へのご意見・ご感想をお待ちしております。

新編立川市史編さん刊行物を委託販売しておりますオリオン書房ノルテ店、ジュンク堂書店立川髙島屋店、各書店様での「たちかわ物語」配布は行っておりません。あらかじめご了承ください。

資料を探しています

資料提供のお願い

新編立川市史編さん事業では

  • 写真
  • 地図や絵図
  • 古文書
  • 古い雑誌や会誌、記念誌、日記、チラシ、広告

など、立川の歴史を知る手がかりとなる資料を探しています。

例えば、古い記念写真や個人的な家族写真からでも、当時の服装や生活様式を知ることができます。

心当たりがある方や、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非市史編さん室までご相談ください。

立川駅前の風景

昭和40年頃の立川駅北口の様子

公私日記

公私日記表紙

砂川の絵図

武蔵国多摩郡砂川村之図

 

 

お問い合わせ

産業文化スポーツ部市史編さん室市史編さん係

電話番号:042-506-0021

ファックス:042-525-1601

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。