ここから本文です。

更新日:2018年3月12日

カラスなどの動物にごみを荒らされないために

収集に出したごみが、カラスなどの動物にごみ袋から引き出され、散乱してしまうなどの被害が発生しています。カラスは視覚で餌を探し出すと言われています。また、食べられるものがごみとして出される場所を記憶し、常習的に狙うことが多いです。

カラスなどにごみを荒らされないために、野菜くずや食べ残しなどの生ごみを減らしたり、ごみの出し方を工夫したりしていただきますようお願いします。

ごみの出し方

・カラスは視覚で餌を探すので、生ごみは袋の中心部に集めるなどして見えないようにする
・防鳥ネットやふた付きの容器に入れる

その際、
・ごみが防鳥ネットからはみ出ないようにする
・おもり付き防鳥ネットを使い、引きはがされないようにする
・目の細かい防鳥ネットを使う
・重いふた・留め金付きのふたの容器を使用する

などの工夫をすると、より効果的です。

集合住宅向け防鳥ネットの貸し出しについて

集合住宅向けに防鳥ネットを貸し出しています。

防鳥ネットの大きさ等は、以下のとおりです。

ご希望の方は、ごみ対策課(立川市総合リサイクルセンター内)までおいでください。

形状…筒型で、上部は口紐による開閉式。下部にチェーンの重り付き。

大きさ…大:円周3.5m×高さ1.2m/小:円周3.0m×高さ0.9m

申請方法…ごみ対策課で「防鳥ネット貸出申請書」(はんこ不要、下記からダウンロード可)をご記入いただき、すぐに防鳥ネットをお渡しします。申請は、住民の方でも管理会社でもかまいません。

投入口を閉じた状態カラスネット

投入口を広げた状態防鳥ネット2(写真は大サイズ)

 

 

↓申請書のダウンロードはこちらからどうぞ。↓

防鳥ネット貸出申請書(PDF:60KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境下水道部ごみ対策課 

電話番号:042-531-5517

ファックス:042-531-5800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。